子育てママのお悩み解決メディア
兄弟喧嘩への対応はどうしたらいいの?親の対処法をご紹介

兄弟喧嘩への対応はどうしたらいいの?親の対処法をご紹介

賑やかなのは良いけれど、兄弟喧嘩が勃発すると親としてはどうしたら良いか迷うもの。頭ごなしに叱ることも得策ではありません。ここでは、親としてどのように対応したら良いのかを紹介します。

兄弟喧嘩って悪いことなの?

兄弟姉妹に限らず、子どもが複数で遊んでいれば喧嘩は起こりやすいものです。また、仲が良いからこそぶつかりやすくなるともいえるでしょう。喧嘩は、決して悪いことだけではなくメリットもありますので、併せて紹介します。

兄弟喧嘩が生じる原因って?

兄弟喧嘩は、実はささいなことが原因で起こる場合も多いもの。ちょっとした言葉遣いや態度がしゃくに触ったり、ふざけすぎたことで喧嘩になったりと様々です。また、嫉妬や誤解などから生まれることもあるのですが、いずれにしても、距離が近く遠慮がない関係だからこそ起こりやすいともいえるでしょう。

兄弟喧嘩のメリット

兄弟喧嘩は、デメリットだけではありません。一番大きなメリットは、お互いの存在を通して学び成長できることです。時には痛い思いをするかもしれませんが、無理なく刺激を受け合いながら社会性を身につけることが可能です。

兄弟喧嘩に親が介入するのは逆効果?

兄弟喧嘩が始まると、すぐに止めさせようと親がストップをかけたり、怒ったりすることはありませんか?実は、それがマイナスになる場合もあります。まず先にやってほしいことについて紹介します。

親が介入すると逆効果の場合もある

子ども同士だからこそ、見えてくるものや分かり合えることもあるでしょう。そのため、親が介入しない方が良い場合もあります。逆にいうと、親が見えてない部分に喧嘩の原因が隠れていることもあり、中途半端に分かったフリをして対応することでこじらせてしまうこともあるのです。理解しないで無理やり止めさせようとすると、わだかまりや憎しみが残ってしまうこともありますので注意しましょう。

意図や子供の思いを理解する

必ずしも喧嘩の原因が上の子にあるとは限りません。悪意の有り無しに関係なく、下の子の方にある場合もあります。まずは、どうして喧嘩になったのかを公平な目で見てあげることが大切です。

兄弟喧嘩になると、上の子に年上であることを理由に我慢を強要する方もいますが、これでは子どもは納得できないでしょう。両方の言い分をきちんと聞く姿勢と、年齢に関係なく悪いものは悪いと判断することも大切です。

親として兄弟喧嘩の正しい対応方法

前述のとおり、下の子の肩を持つ対応は不適切です。フラットな立場で「目で見て」「耳で聞いて」判断しましょう。

兄弟を比較せずに頭ごしに叱らない

理由も聞かずにただ叱りつけるようなやり方は、子どもの心に長く不信感を残すことにつながりますので避けましょう。また、比較するような言動も、子どもを傷つけることになります。これは、怒るときだけではなくほめるときにもいえることです。

喧嘩になったときは、親は子どもの気持ちを的確に言語化して気持ちをすっきりさせてあげてください。これだけで、子どもは安心できます。次に、それを伝えるようにすることがおすすめです。その上で「ごめんなさい」を口にさせてあげれば、良い解決法となることでしょう。

兄弟喧嘩のルールを決めておく

「兄弟喧嘩はあって当然のもの」だとあらかじめ認識していれば、落ち着いて対応できます。ただし「これをするのはダメ」といった最低限のルールだけは設けておくことをおすすめします。「殴らない」「蹴らない」など、具体的に決めておくとわかりやすいでしょう。

兄弟喧嘩は対応によって減らすことができる

喧嘩の際に、間違った対応をしてしまうと、それが次の喧嘩の原因につながることもあります。なぜ喧嘩になったのかを、年齢に関係なく公平な目で見て判断すること、また、両者の気持ちをきちんと聞いて理解しようとすることが大切です。

兄弟喧嘩を通して学べることもありますので、しっかりと子どもの喧嘩に向き合いましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →