子育てママのお悩み解決メディア
小学生の男の子に起こりがちなトラブルとは?適切な対処法を紹介

小学生の男の子に起こりがちなトラブルとは?適切な対処法を紹介

子供は、小学校に入ると同時に今までとは違った多くの経験をするようになります。行動範囲も広がり、刺激も増えるので、親としてはこれまでとは違った心配をすることも少なくありません。ここでは、小学校に入った男の子に多いトラブルと、その対処法について紹介します。

小学生の男の子に起こりがちなトラブルとは?

お友達と遊ぶ時間が楽しいのは喜ばしいことです。しかしながら、仲が良いがゆえに思いがけないトラブルが起こることもあります。

金銭や物の貸し借りで起きるトラブル

一緒に遊んでいると、お友達が持っているものをうらやましく思うこともあるでしょう。そんな時、興味が抑えられず子供同士で貸し借りが発生することもあります。借りたものを壊してしまったり失くしてしまったりして、トラブルになることもありますので注意が必要です。

また、貸したものを返してくれなかったり、返していないのに返したと言い張られたりして、泣き寝入りになることもあります。さらに、お金の貸し借りは大きなトラブルになるリスクがありますので、絶対にしないように教えることが必要です。

場合によってはいじめに発展することもあるので、お金を貸してほしいというお友達には、はっきりとノーが言えるように教えましょう。

いじめのトラブル

いじめは、子供にとっても大人にとっても大きな問題です。ちょっとしたからかいが、相手を傷つける行為になる場合もありますし、悪口などがエスカレートして誰かを攻撃にすることになったり、攻撃される側になったりすることも。

いじめを受けていても、親に言わない子も多いので、日頃から様子を見て変だと思ったらすぐに対応することをおすすめします。家では、なんでも言い合える環境をつくっておくことも必要です。

トラブルが起こった時の対処法は?

子供同士がトラブルを起こしたときに、親はどのような対処をするべきなのでしょうか。

学校の先生と連携をとる

子供同士でトラブルが発生してしまったら、先生と連携をとりながら問題に向き合いましょう。先生に伝える時は、どんなことがあったのか、それに対してお子さんがどんな風に感じているのかを分かりやすく説明してください。

先生から事実を確認してもらったり、相手のお子さんに話をしてもらったりすることで、解決に導くことが期待できます。ただし、感情的になるなど、事実がはっきりしないうちに一方的に相手を攻撃するような言い方はしないようにしましょう。

怒るのではなく、まず話を聞く

子供がトラブルを起こしたことを聞いても、頭ごなしに怒るのは避けましょう。まずは、しっかりと子供の話を聞くことが大切です。

解決した後は、一緒に楽しむ時間を作る

トラブルを起こしたことに対して、子供も少なからず傷ついています。反省すべきところは反省させ、問題が解決した後は親子でよい時間を設けるようにしましょう。

また、トラブルに巻き込まれてしまった場合も、子供は傷ついています。思いっきり甘えさせるなどして、引きずらないようにしましょう。

トラブルが起きた時こそ子供と向き合おう

忙しくて子供との時間がなかなかとれない方も多いかもしれません。しかし、問題が起こった時は、何よりも先に子供のことを考えて、向き合うようにしたいものです。

子供が乱暴な態度をとる原因の中には、寂しさや不安がある場合もあります。また、傷ついた心を早く癒すためにも、親の姿勢が重要です。トラブルが起こったときは適切に対処しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →