子育てママのお悩み解決メディア
子供の視力はどう成長するの?子供に見られる目の病気と症状とは

子供の視力はどう成長するの?子供に見られる目の病気と症状とは

生まれた直後の赤ちゃんは物が動くのがわかる程度にしか見えません。そんな状態を見ていると、どのように視力が成長するのか不安に感じるママやパパも多いはず。

そこで今回は、目の成長過程や子供によく見られる目の病気を解説します。

年齢別に見る子供の平均視力

まず、生まれたばかりの赤ちゃんは物が動く程度しか見ることはできません。ただ、3〜4ヶ月ほどで目が見えるようになり、1歳で0.3ほど、2歳で0.6ほどの視力になることが一般的です。

4〜6歳の間に視力は1.0以上にまで成長し、通常は7歳ごろに目の機能が完全に完成。ただし、7歳以降の成長期に入ると眼球が長くなる傾向にあります。眼球が長くなると、近視が進むこともあるので注意しなければいけません。

3歳児の眼科検診における重要性

3歳児健診では眼科検診も行います。中には眼科検診をしないママやパパもいますが、子供に目の異常がある場合に、気がつくことができる機会が減ってしまうということに留意してください。

もし2〜3歳の時期に疾病や障害を起こすと、目の機能に問題が起こる可能性もあります。子供のためにも必ず眼科検診に参加するようにしましょう。

眼科治療が必要な目の病気と症状

ここからは、眼科の治療が必要な目の病気を紹介します。それぞれの特徴を理解して、子供に症状がないか注意しておきましょう。

1.乳児期に多い「先天性鼻涙管閉塞」

先天性鼻涙管閉塞とは、生まれつき鼻涙管が膜で塞がっている状態のことです。乳児期に多い病気の一つで、目ヤニが出続ける症状が現れます。

先天性鼻涙管閉塞は適切な治療を行えば改善可能な病気なので、赤ちゃんに症状が現れる場合は早めに受診することが望ましいです。

2.幼児期に陥りやすい「弱視」

0〜6歳の間に何らかの理由で物が見えなくなると、目の機能を使わなくなるので脳の視覚部分の発育が遅れてしまうことがあります。

その結果、眼鏡やコンタクトレンズを装着しても視力が改善されない状態になることもあります。これを「弱視」といいます。治療は早く開始するほど高い効果を期待できます。

3.両目が違う方向に向く「斜視」

通常、物を見るとき両目は同じ方向を向きます。ただ「斜視」の場合は、片目だけ違う方向を向いてしまうのです。

治療は遠視用眼鏡をかけるのが一般的ですが、症状によっては手術が必要になることもあります。

4.遠くがボヤけて見える「乱視」

目の角膜や水晶体の歪みにより遠くがぼんやりと見える状態を「乱視」といいます。通常は眼鏡やコンタクトレンズによる矯正で治療しますが、近年は屈折矯正手術が選ばれることも。

それぞれメリットとデメリットがあるので、医師に相談しながら決めましょう。

視力に異変があれば早めに受診しよう!

子供の視力機能が完成するのは7歳頃です。その年齢になるまでは成長過程になるため、目の病気に気付きにくいこともあります。

子供の視力に異常を感じたら、早めに受診して病気がないか専門的に調べるようにしましょう!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →