子育てママのお悩み解決メディア
成長期の終わりのサインは?体の変化や思春期早発症について解説

成長期の終わりのサインは?体の変化や思春期早発症について解説

子どもが成長期に突入すると、分かりやすく体に現れます。ただ体の変化が終わりを迎えるサインが分からないと感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、成長期の終わりのサインはあるのかについて解説します。

成長期の始まりに現れる体の変化

そもそも子どもの成長期が始まったとき、どのような変化が現れるのでしょうか。成長期の始まりに現れる体の変化を見ていきましょう。

女子の体の変化

女の子は10歳頃に成長期に入ります。体の変化は乳房が徐々に膨らみ始め、その後隠毛が発達したり月経を迎えたりするのが一般的な流れです。乳房は左右片方ずつ発達が始まることもあります。

男子の体の変化

男の子は、12歳頃に成長期に入るのが特徴。成長期に突入した症状としては、精巣が急激に大きくなることがあります。また陰茎増大や陰毛発生と進み、その後声変わりが起こり始めるのです。

成長期の終わりのサインはある?

成長期が終わりを迎えるサインは、男は声変わり、女の子は初潮を迎えたときです。子どもの中には成長期に入るのが遅い子もいるので、明確に年齢で判断することはできません。

男の子の声変わりは、今までの声と大きく変わるため判断がつきやすいででしょう。ただ、女の子は事実を隠されると判断が難しいことも。日頃からコミュニケーションを取って、話しやすい環境を整えておくことが望ましいでしょう。

通常より早く迎えた場合は要注意!

成長期が遅い子がいる一方で、中には早い段階で体に変化が出始める子どももいます。ここからは、通常より早く成長期に突入する思春期早発症について見ていきましょう。

2〜3年早まる「思春期早発症」とは

思春期早発症とは、通常の成長期に突入する時期よりも早く変化が現れることです。正常に成長期を迎えた場合、男の子は10歳頃、女の子は12歳頃に体の変化が始まります。一方、思春期早発症は一般的な年齢よりも2〜3年早く変化が現れます。

早い段階で体が完成してしまうため、小柄のまま身長が止まってしまう子も少なくありません。早めに受診することで、成長期が進まないように治療を行えることがあります。早い段階で体に変化が起こり始めたときは、すぐに医師に相談しましょう。

思春期早発症の症状

思春期早発症では、女の子の場合、7歳6ヶ月前に乳房が発育したり8歳より前に隠毛が生えてきたりします。また、10歳6ヵ月より前に月経を迎えるのも大きな特徴です。

男の子の場合は、一般的に10歳頃に精巣が大きくなり始めます。ただし、思春期早発症の場合は10歳よりも早く変化が出始めます。また精巣が大きくなるだけでなく、隠毛やヒゲ、声変わりが起こり始めまることがあります。

成長期の終わりは子どもによってそれぞれ!

成長期に突入する時期と同じく、終わりを迎えるのも子どもによって大きく変わります。なかには早い段階で成長期に入る子もいます。

ただし、思春期早発症の場合は要注意。身長の伸びが止まってしまうこともあるので早めの受診が望ましいです。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →