子育てママのお悩み解決メディア
子供はいつから眼鏡をかけるべき?良いタイミングと眼鏡を選ぶコツ

子供はいつから眼鏡をかけるべき?良いタイミングと眼鏡を選ぶコツ

子供の視力が低下すると、眼鏡をかけるべきか悩むママやパパも多いはずです。

一説では、小さい子には眼鏡のかけない方がよいと言われており、いつからかけ始めればいいのか分からないですよね。そこで今回は、眼鏡をいつからかけるべきなのか解説します。

眼鏡はいつからかけ始めるべき?

眼鏡をかけるタイミングは、裸眼での視力が0.7以下になったときが一般的です。子供の視力は7歳で目の機能は完成するとされています。そのため、7歳を超えて視力が0.7以下の場合は、医師に相談のうえ、眼鏡を検討する必要があるかもしれません。

眼科を受診するときの注意点

眼鏡の購入を検討するなら、眼科で正しい視力を確認することが必要です。ですが、視力検査の前の行動により数値が正しく測定できないことも。そこで、眼科を受診するときの注意点を紹介します。

受診する際は時間に余裕を持つ

眼科で視力検査を行う場合は、時間にゆとりを持って来院しましょう。視力検索の前に焦って来院すると、心の焦りや遅れてしまった緊張で正しい数値が計れなくなることもあります。

子供がぐずることも踏まえて、検査当日は余裕のあるスケジュールを立てましょう。

待ち時間にゲームをしない

眼科は時間帯や検査内容によって待ち時間が長くなることもあります。そんなときは、子供がゲームをしたりスマホを見たりすることもあるでしょう。

視力検査前にゲームやスマホをするのはあまりおすすめできません。画面を凝視することで目の筋肉が緊張し、正しい視力が測れない恐れがあります。

子供の眼鏡の選ぶコツはあるの?

現在は子供用の眼鏡が数多く販売されていますが、何を基準に選べばいいか悩むママやパパも多いはず。そこで子供の眼鏡の選ぶコツを紹介します。

子供に合ったサイズを選ぶ

子供の眼鏡を選ぶうえで最も重要なことは、サイズに合ったものを選択することです。どんなにデザインが可愛くても実際に装着したときに不快感を感じたり、動くとすぐに外れたりする眼鏡はサイズが合っているとはいえません。

サイズが合っていないと日常生活で不便に感じます。購入前に必ず時間をかけてフィッティングするようにしましょう。

子供が気に入った眼鏡を選ぶ

現在は大人と同様に、子供の眼鏡もさまざまな種類があります。親の判断で決めるのではなく、子供が気に入ったデザインのものを買ってあげましょう。

今まで眼鏡をかけていない子は、初めての眼鏡に戸惑うことも多いです。気に入った眼鏡なら、自分から率先してかけてくれるかもしれません。

壊れにくい頑丈な眼鏡を選ぶ

アクティブな子供なら、壊れにくい眼鏡を選ぶのが望ましいでしょう。

繊細な眼鏡は、少し衝撃が加わるだけで壊れてしまうこともあります。壊れるたびに新しい眼鏡を購入するのは、経済的ではありません。壊れにくく頑丈な眼鏡を選びましょう。

眼鏡ではっきり見える状態を維持しよう!

子供は目が悪い状態でいると、目が見えないことが当たり前になってしまいます。それでは目の病気に気づくのも遅れてしまう恐れも。

目の異常を早期発見するためにも、視力に不安を感じるときは早めに医療機関を受診し、必要に応じて眼鏡の装着も検討するようにしてください。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →