子育てママのお悩み解決メディア
子供・赤ちゃんのアレルギー検査はいつから受けられる?

子供・赤ちゃんのアレルギー検査はいつから受けられる?

アレルギーは体に大きな影響を与えます。親として、どんなアレルゲンがあるのか、知りたいとお考えの方も多いでしょう。ここでは、そんな子供のアレルギー検査についてご紹介いたします。

子供のアレルギー検査は何歳から?

様々なアレルギーがあり、アレルゲンについても気になるところです。アレルギー検査は、どれくらい大きくなったら受けられるのでしょうか?

年齢にかかわらず受けられる

アレルギー検査は、年齢問わず受けることができます。もちろん、赤ちゃんでも受けることができます。

血液検査、皮膚テストが一般的

アレルギー検査は、血液を検査してIgE抗体の数を見ます。食べ物によって高い数値が出た場合、それがアレルゲンである可能性があります。ただし、これだけで確定されるわけではありません。数値が高い場合であっても、症状が現れないこともあります。

また、皮膚にアレルゲンの可能性がある物質を触れさせて行う検査もあります。皮膚に極めて小さな傷をつけて、反応を確認するテストです。

どのタイミングで検査をすればよい?

赤ちゃんから受けられるアレルギー検査ですが、どんなタイミングで受けると良いのでしょうか?

症状が出てからでOK

アレルギー検査は、何らかの気になる症状が現れた時に行っても大丈夫です。もし親御さんにアレルギーがある場合は、100%ではありませんが遺伝する可能性も考えられるため、アレルギー症状が出る前に検査しておくのも良いかもしれません。

アレルギーの症状とは

アレルギーの症状はいろいろあります。吐き気や下痢、痛み、皮膚のかゆみ、蕁麻疹などが見られることもありますし、くしゃみや鼻づまり、唇が腫れるなどの症状が出る場合もあります。また、心拍数が増えたり、血圧が下がったりすることもあります。

こんな症状はすぐに受診を

顔色が悪い、意識が朦朧としている、痙攣や呼吸困難、咳が止まらないような時は、すぐに受診してください。また、体全身に皮膚の赤みや蕁麻疹などの異変が見られる場合も同じです。

アレルゲンの除去は医師と相談を

アレルギーの治療は、自己判断せずに、医師と相談しながら進めることが大切です。必要以上に食べ物を避けるなどせず、本当に除去すべきものを避けるようにしましょう。

自己判断するデメリット

自己判断で食べ物を選ぼうとすると、心配のあまり過度に避けてしまう可能性もあります。医師と相談することができれば、本当に避けるべき食べ物だけを除去することができます。また、症状が出ない量であれば食べられる場合もあり、調理法によって食べられる場合もあります。このあたりのことを理解するためにも、医療機関に相談しましょう。

専門医の探し方

ネットでもアレルギー専門医を調べることができるため、探してみてください。

まずは受診!検査は何歳からでも受けられる

アレルギー検査は、赤ちゃんでも受けることができます。血液検査や、皮膚テストを行うのが一般的です。検査は、症状が出てから受けることもできますが、親御さんにアレルギーがある場合は早めに受けておくのも良いでしょう。
アレルゲンの除去については、一度医師と相談してから進めましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →