子育てママのお悩み解決メディア
子供のアレルギーに悩むママ必見!気になる症状と原因をチェック

子供のアレルギーに悩むママ必見!気になる症状と原因をチェック

度合いによっては命の危険にも関わるアレルギー。どんなアレルギーが存在するのかや主な原因を知っていれば、症状が出た際にすぐに対処できます。今回は子供のアレルギーについてご紹介します。

子供のこの症状はアレルギーなの?

アレルギーにはどのような種類があるかを把握していれば、子供の直前の行動からアレルギーかどうかを判断しやすくなります。

アレルギーの種類

アレルギーの原因となるもののことをアレルゲンと呼びます。アレルゲンには食べ物のように口にするもの、花粉のように吸ってしまう吸引性のもの、触れることで発症する接触性のものが存在します。

食物アレルギー

食物アレルギーは食べ物をアレルゲンとして発症するアレルギーです。特定の食べ物を摂取した際に、皮膚や呼吸器といった箇所に症状が出てきます。食物アレルギーは食後すぐに発症する即時型、数時間後に発症する遅発型、1~2日後に発症する遅延型、と複数のタイプがあります。

アレルギー性結膜炎(ハウスダスト)

原因は主に花粉や室内のほこりです。空気中に舞っているダニの死骸や糞、人や動物のフケもアレルゲンの一つとされています。アレルゲンにより、目がかゆくなる、目に違和感や痛みを感じることがあります。また、ハウスダストによって鼻水が出る、くしゃみが止まらないといった症状が出ることもあります。

蕁麻疹

強いかゆみが出て皮膚の一部に疱疹ができる蕁麻疹があらわれることがあります。原因は食物アレルギーや病院で出された薬、虫などの場合も。ただ単にかゆみが出るだけではなく、全身に蕁麻疹が発症することでアナフィラキシーショック状態になる場合もあり、状況によっては命を落とすことがあります。

アレルギーの主な症状

症状が皮膚に出る場合はかゆみや蕁麻疹、むくみ、赤みなどの症状が出てきます。粘膜症状であれば目は充血やかゆみ、腫れや異常な涙などです。粘膜はくしゃみや鼻づまり、呼吸器系は喉が締め付けられる感じや息苦しさを感じます。消化器系であれば、ひどい腹痛・嘔吐などです。

子供のアレルギーの原因とは?

いざ体に現れると怖いアレルギー。その原因は、どういったところから考えられるでしょうか。

子供のアレルギーの原因は親のせい?

アレルギーが体質として子供に遺伝する可能性が全くないとは言い切れません。反対に、親にアレルギーがなくても子供には発症するという逆のパターンも起こりえます。

また、アレルギーの発症を気にして、該当しそうな食物を与える時期をどれだけ調整しても、もともとアレルギー体質であれば発症する危険性があるでしょう。

子供のアレルギーを正しく知って生活しよう

アレルギーの原因は様々で、どれがアレルギーを引き起こすかは事前にはわかりません。アレルギーに悩みを抱えているのであれば、現在の食生活や生活環境などを見直し、保健センターなどの相談できるところでしっかり話をするとよいでしょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →