子育てママのお悩み解決メディア
1歳で歯磨きはするべき?正しいやり方と歯磨きの悩みや改善策を解説

1歳で歯磨きはするべき?正しいやり方と歯磨きの悩みや改善策を解説

1歳を迎えると徐々に歯が生え始める赤ちゃん。生え始めの歯とはいえ、歯磨きをしたほうがいいのか分からないママやパパも多いでしょう。

そこで今回は、1歳の赤ちゃんが歯磨きを始めるのに適した時期を紹介します。歯磨きの方法も紹介しているので、ぜひ参考にしましょう。

歯磨きはいつから始めるのが良い?

それでは、まず赤ちゃんが歯磨きを始めるのに適した時期を確認しましょう。正しい歯磨きのやり方も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

乳歯が生え始めた頃がベスト

赤ちゃんが歯磨きを開始する時期は、乳歯が生え始めた頃が適切だといわれています。ただ口の中を清潔に保つという意味では、乳歯が生え始める前から行っておくことが大切です。乳歯が生える前は指にガーゼを巻いて拭いてあげましょう。

1歳の歯磨きのやり方

乳歯が生え始めた赤ちゃんの歯磨き方法は、歯ブラシの先端を歯に当てるように磨きます。歯茎に歯ブラシが当たると痛がって歯磨きを嫌がる赤ちゃんも多いです。

ただ、あまり歯茎を避けて磨くと歯と歯茎の間に汚れが溜まることもあります。力加減を調整して優しく磨いてあげましょう。また歯磨きは、寝かせて磨くのが基本姿勢です。ママやパパの膝の上に赤ちゃんの頭が来るようにしましょう。

1歳の歯磨きに関する悩み&解決策

赤ちゃんの歯磨きが始まると戸惑うママやパパもいるでしょう。ここでは、1歳の赤ちゃんの歯磨きでよくある悩みと解決策をまとめました。歯磨きに関する悩みを解決しましょう。

「口を開けない」「嫌がる」の対処法は?

口を開けなかったり嫌がったりなど赤ちゃんが歯磨きを拒否することもあります。もしかすると歯ブラシが歯茎に当たって痛いのかもしれません。歯ブラシの使い方に注意しましょう。

うがいは何歳から教えればいい?

うがいができるのは、2歳頃です。3歳になるとブクブクうがい、4歳にはガラガラうがいが出来るようになる子もいます。段階的にゆっくり教えれば、上手にうがいができるようになるでしょう。

歯磨き粉はフッ素入りがおすすめ?

虫歯のリスクを軽減したいなら、フッ素入りの歯磨き粉がおすすめです。ただフッ素入りの歯磨き粉を大量に摂取すると体に悪影響を及ぼすことがわかっています。心配なら上手くうがいができ始めてからフッ素入りの歯磨き粉を使いましょう。

歯茎から出血するのはなぜ?

赤ちゃんの歯磨きをするとき、歯茎から出血することもあります。これは乳歯が生える時期は歯茎が弱くなるため、ちょっとした刺激で歯茎から出血するからです。綿棒に水をつけて出血した部分を拭き取ってあげましょう。

楽しく歯磨きできる環境を作ろう!

口の中を清潔に保つためにも乳歯が生え始めたら、歯磨きを開始するのがおすすめです。ただ乳歯で歯磨きをすると、歯ブラシが歯茎に当たって赤ちゃんは痛みを感じることもあります。

その結果、歯磨きを嫌がることも。歯磨きは毎日行うものなので楽しく行える環境を作りましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →