子育てママのお悩み解決メディア
1歳の誕生日ケーキはどうする?入手方法や手作りのアイデアを紹介

1歳の誕生日ケーキはどうする?入手方法や手作りのアイデアを紹介

1歳の子どもは、大人が食べるケーキを食べられるのでしょうか。せっかくの誕生日には、ケーキを用意してお祝いしたいですよね。今回は、1歳の子どもでも食べられるケーキについて紹介していきます。

1歳でも誕生日ケーキは食べられる?

1歳の子どもは、生クリームを使ったケーキを食べられません。生クリームには脂肪分や砂糖がたくさん使われているため、消化器官がまだ十分でない未発達な1歳の子どもには負担がかかりすぎます。

また、微量でも洋酒を使っているものもありますので、避けた方が無難です。1歳の子どもにケーキを食べさせるなら、赤ちゃん用の体に優しいケーキにするといいでしょう。

1歳でも食べられるケーキの入手方法

1歳の子どもは、大人が食べるような生クリームたっぷりのケーキを食べられませんが、1歳の子どもでも食べられるケーキがあるのをご存じですか?そんなケーキの入手方法についてみていきましょう。

通販

「1歳 ケーキ」と検索すると、意外に多くのケーキがあることが分かります。1歳の子どもでも食べられる安心な材料を使っているのはもちろん、見た目もかわいく、どれにしようか迷うほどです。

ただし、アレルギーを持っている子どもの場合、使われている材料をしっかり確認することを忘れないようにしましょう。

市販のケーキ

卵や乳、小麦粉などのアレルギーを持っていると、ケーキ自体を諦めないといけないと思うかもしれません。しかし、市販の赤ちゃん向けのケーキの中にはアレルギー対応のものもあります。

アレルギーを持っているからとケーキを諦めていたのなら、公式ホームページに詳しく書かれているアレルゲン情報を確認して検討してみてもいいでしょう。

ケーキセットのキットで手作り

市販のものでなく、手作りしたい!というママもいるでしょう。最初から作るのは難しいと思うのなら、ケーキセットのキットを買う方法もあります。

ケーキを作るには材料のほかに型のような道具も必要ですが、ケーキ型やホイップクリームミックス、しぼり袋・口金までそろっているキットもあり、すぐに作ることができます。

材料を混ぜて電子レンジで焼くだけのものもあるので、手作りしたいママは検討してみてはいかがでしょうか?

1歳から食べられるケーキのアイデアレシピ

市販のケーキ買ったり、ケーキセットを使ってケーキを作ったりするのもいいですが、いつも子どもが食べている材料を使ってケーキを作るのもいいでしょう。ここからは、ケーキ作りのアイデアを紹介します。

ヨーグルト

おすすめしたいのが、ヨーグルトを生クリームの代わりに使うアイデア。子どもが好きなヨーグルトを1日ほど水きりし、なめらかなクリーム状にしておきます。

あとは、パンケーキやスポンジを焼き、生クリームの代わりに乗せたり塗ったりすれば完成です。ジャムやフルーツで盛り付ければ、より華やかになるでしょう。

食パン

パンケーキやスポンジの代わりに、土台として食パンを使う方法もおすすめです。食パンを丸く切ったり、花形に切ったりして重ね、その間に水きりヨーグルトやフルーツを乗せます。重ねる方法以外にも、食パンをくるくる巻いてケーキの土台としてもいいでしょう。

パンケーキやスポンジと違って、食パンを使えば火やオーブンを使わずにケーキを作れるところがポイントです。

生クリームの代わりにポテトクリーム

生クリームの代わりに、ポテトクリームを使えばケーキと食事を兼ねた華やかなごちそうとなるでしょう。土台にハンバーグを使って周りをポテトクリームで覆い、ケーキのように仕上げることもできます。

ハンバーグは豆腐を使えば、玉子なしでも作れるのでアレルギーあっても安心です。ソースを別に作れば、大人でも楽しめます。

誕生日ケーキで1歳の誕生日を祝おう!

1歳の子どもはまだ大人が食べる生クリームのケーキを食べられませんが、工夫次第では身近な食材を使って簡単にケーキが作れます。せっかくの1歳のお誕生日を思い出深い、楽しい1日にしたいですよね。

ケーキを選んだり作ったりする際の注意点に気を付けながら、紹介したアイデアを参考にして1歳のお誕生日をお祝いしましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →