子育てママのお悩み解決メディア
1歳の誕生日は計画的にお祝いしよう!一升餅や選び取りも解説

1歳の誕生日は計画的にお祝いしよう!一升餅や選び取りも解説

1歳の初めての誕生日は、盛大にお祝いしたいですよね。しかし、1歳の赤ちゃんはまだ体力がなく、お昼寝も必要です。

記念撮影のためにスタジオを予約したけれど、お昼寝時間と重なってしまったなんてことにもなりかねません。また、子育てをしながら飾り付けをしたり、食事やケーキを手作りしたりするのはとても大変な作業です。

今回は、赤ちゃんの初めての誕生日をお祝いするポイントや日本の伝統的な1歳のお祝い行事を紹介します。

1歳の誕生日祝いはやりたいことがたくさん

1歳の初めての誕生日のお祝いは、やりたいことがたくさんありますよね。しかし、注意が必要なことやポイントがあります。

赤ちゃんの体力や食べ物を考慮する

1歳の赤ちゃんは、まだ体力がありません。お昼寝の時間なども考えて計画を立てましょう。また、まだ離乳食の時期なので、砂糖や生クリームには注意が必要です。

手作りする場合は糖分を控えめにして、生クリームはヨーグルトや豆乳ホイップで代用することをおすすめします。離乳食は、盛り付けやお皿を工夫すると華やかにすることができますよ。

ケータリングする場合は、1歳用のバースデイケーキを取り扱っているお店もあるので探してみてくださいね。

日にちを分けてお祝いする

初めての誕生日は、記念撮影や誕生日パーティ、選び取り、一升餅などやりたい事がたくさんありますよね。

赤ちゃんにとってはどれも体力が必要になるので、日にちを分けてどの行事に誰を呼ぶかなど計画をたてて行うのがおすすめです。

子育てをしながら準備をするのは、パパママにとっても大変です。無理のない計画を立てて、楽しくお祝いしましょう。

日本の伝統的な1歳のお祝い

日本には、1歳の誕生日をお祝いする伝統的な行事「一升餅」と「選び取り」があります。

赤ちゃんの健康と成長を願う「一升餅」

一升餅とは、一升のもち米で作られた丸餅を風呂敷やリュックに入れ、赤ちゃんに担がせる儀式です。地域によってやり方に違いがありますが、「一生食べ物に困らないように」、「一生健やかで、円満に過ごせるように」などの願いが込められています。

一升餅の重さは約2㎏もあるので、大抵の赤ちゃんは泣きだしてしまうことがほとんどです。しかし、泣いてしまったり、立ち上がれなかったり、転んでしまったりしても縁起が良いとされています。ただし、転んでしまったときに怪我をしないように注意してあげましょう。

赤ちゃんの将来や才能を占う「選び取り」

選び取りとは、電卓や、お金、文房具などを赤ちゃんの前に並べて、赤ちゃんが最初に選んだもので将来を占う儀式です。最近では、選び取り用のカードを使う事もあります。

選び取りのアイテムに決まりはなく、時代と共に変化していて、最近ではスマホなどを使う場合も多いようです。アイテムや意味は下記のようなものがあります。

  • 絵本や辞書:頭が良くなる、成績優秀になる
  • 電卓:計算が上手くなる、商売人になる
  • お金やお財布:お金持ちになる、お金に困らない
  • 鉛筆、筆:文筆家になる、画家になる
  • 箸やフォーク:食べ物に困らない
  • ハサミ:美容師や服職業に就く
  • スマホ:IT関係の仕事に就く、ITに強くなる

それぞれのアイテムに意味が込められていますが、しっかりとした決まりはなく、占いとして楽しむ行事です。

1歳の誕生日のお祝いは計画的に行おう!

赤ちゃんの初めての誕生日は、赤ちゃんもパパママも楽しくお祝いできるように、日にちを分けて計画的に行うのがおすすめです。

赤ちゃんの体力やお昼寝時間も考慮してお祝いをしましょう。子育てをしながら準備をするパパママも無理なく準備することができるといいですね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →