子育てママのお悩み解決メディア
2歳児にイライラする!育児で限界を感じたときの対処法

2歳児にイライラする!育児で限界を感じたときの対処法

2歳になるとイヤイヤ期に突入することもあり、育児でイライラすることも多いのでは?でもそんな2歳児育児のイライラをどのように解消すればいいか分からない人も多いでしょう。

そこで今回は、育児で限界を感じたときの対処法を紹介します。

2歳児にイライラしてしまう理由

2歳になると自我が芽生え始めるので、親の手を借りず何でも「じぶん!」でやろうとします。これは、いわゆるイヤイヤ期と呼ばれる子どもの第一次反抗期です。

ただ、2歳頃はまだ器用にできないことも多いので、何かと思い通りに進まず癇癪を起こす子もいます。一方で、ママは2歳のイヤイヤ期に振り回されることになるので、イライラしてしまうことが多くなるのです。

2歳児の育児で自己嫌悪を感じる瞬間

自我が芽生える2歳児に対して、つい声を荒げたり手を上げたりしてしまうママもいるようです。そこで、ここからはママが2歳児の育児で自己嫌悪に陥る瞬間を紹介します。

怒鳴ってしまう

近年は共働きの夫婦も増えているので、心に余裕のないママも増えているようです。時間に追われる多忙な毎日の中で、子どもがワガママを言ったり言うことを聞かないとイライラの限界に達して怒鳴ってしまうことも。

あとで冷静になって考えると、「そこまで怒らなくてもよかったな」と自己嫌悪に陥る人も多いようです。

叩いてしまう

2歳のイヤイヤ期に、思わずわが子を叩いてしまった経験があるママもいるのでは?叩かれると痛みを伴うので、子どもは一時的に言うことを聞きます。

その結果、言葉で叱るよりも先につい手が出てしまうことも。半面、泣きわめく子どもの姿を見て「やり過ぎた」と自己嫌悪に陥るママも多いようです。

優しくできない

イヤイヤ期に入ると、親の言うことも聞かなくなります。そんな姿を見て子どもに厳しく接してしまい、「子どもに優しく接することができない」と悩むママは意外と多いです。

育児中は家事や育児、仕事に追われるので、ママ自身に余裕がないこともひとつの理由でしょう。

育児で限界を感じたときの対処法

育児でイライラの限界を感じたとき、どう対処すればいいか分からない人も多いはずです。ここでは育児のイライラを解消する方法を紹介するので、出来そうなことから実践してみましょう。

周りの人に相談する

育児でストレスを感じたら、決してひとりで悩みを抱えてはいけません。最初のうちは我慢できたとしても、そのうち限界を迎えるはずです。

まずは、夫や両親など信頼できる人に相談してみるのがおすすめ。人に話を聞いてもらうだけで、ストレスも和らぐでしょう。

ときにはゆっくり湯船につかる

子ども中心の生活をしていると、お風呂もシャワーだけで済ませることも多くなっているのでは?たまにはゆっくり湯船につかってみましょう。

湯船につかると全身の緊張が緩和するので、心身ともにリラックス効果が期待できるのです。お手軽な育児のイライラ解消に役立つでしょう。

育児が辛いときはみんなを頼ろう!

仕事に育児、家事…とママは年中フル稼働です。そこに2歳児特有のイヤイヤ期が始まると、イライラが限界を迎える人も多いでしょう。

そんなときは、夫や両親、ママ友など信頼できる人に頼ることがおすすめ。辛い気持ちを吐き出せば、ストレス解消にもつながるでしょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →