子育てママのお悩み解決メディア
赤ちゃんの肌はどうして乾燥しやすいの? 原因と対策を解説

赤ちゃんの肌はどうして乾燥しやすいの? 原因と対策を解説

みずみずしく弾力がある赤ちゃんの肌。乾燥とは無縁に感じられますが、実は赤ちゃんの肌ほど乾燥や肌トラブルに見舞われやすいのをご存知ですか? この記事では、赤ちゃんの肌の特徴や乾燥しやすい理由、赤ちゃんの肌の乾燥対策について解説します。

赤ちゃんの肌は乾燥しやすい?

赤ちゃんの肌は大人よりもデリケートという話をよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

大人も赤ちゃんも、肌の構造は一緒。しかし、赤ちゃんのほうが水分量や皮脂量も少なく、肌を守る機能も成熟していないとされています。

大人の肌の厚みは2〜3mmほどありますが、赤ちゃんの肌はなんと、1〜2mmほどしかありません。肌が薄いと気温や乾燥、空気中のゴミ、紫外線などの影響を受けやすいと言われています。また、赤ちゃんはよだれや汗などを拭き取ることが多いので、そのときの摩擦で肌が傷つく恐れもあるのです。

赤ちゃんの肌に乾燥対策はマスト!

大人の肌に比べて、肌が薄く、バリア機能が低い赤ちゃんの肌。ご存知の通り、肌トラブルに見舞われることもたくさんあります。一般的な赤ちゃんの肌トラブルには、汗腺に水疱ができる「汗疹」や、ママの胎盤からもらっていた女性ホルモンの影響でできる「乳児湿疹」、乳児湿疹よりも長く続き、繰り返し起こる「アトピー性皮膚炎」などがあります。

それぞれ対策や治療薬などが存在しますが、まず試したいのが全身のスキンケアや保湿ケアです。スキンケアや保湿をきちんとすると、体にウイルスが侵入することや肌荒れを防ぎやすくなると言われています。

赤ちゃんの肌の乾燥は「洗浄」「保湿」を徹底的に!

赤ちゃんの肌の乾燥やトラブルの対策には、まず日々のお風呂やスキンケアが欠かせません。赤ちゃんに限らず、人間の肌の健康は、清潔に保つこと、潤いを与えること、紫外線から肌を守ることが基本になります。特に赤ちゃんの肌は、デリケートで乾燥しがち。肌トラブルが起きる前に、肌を守るスキンケアの方法や習慣を身につけましょう。

ここでは、赤ちゃんの肌を乾燥やトラブルから守る、基本のスキンケアや保湿の方法をご紹介します。

1. しっかりと洗う

まずは体をしっかりと洗います。清潔な肌の状態を保つことで、皮膚炎が改善するという報告もあるそうです。

洗浄に使う洗浄料は、大人とは違う、添加物が入っていない石鹸や、泡で出るタイプの赤ちゃん専用のボディーソープを使用しましょう。

洗い方は、「やさしく」が基本ですが、しっかり洗うのがポイントです。肌の表面だけではなく肘や膝の裏、わきの下などのしわを伸ばし、くびれている部位、耳の後ろ、指の間、あごの下なども丹念に洗いましょう。

2. きちんとすすぐ

せっかく時間をかけて洗っても、石鹸が肌に残っていると肌トラブルの原因になります。「きちんと」と言われると曖昧でどうしたらいいかわかりませんが、一説では石鹸で洗った時間よりも長い時間すすぐ実験をして、乳児の肌トラブルが早期に改善したという研究報告があります。

また、この研究では洗浄も2回行っており、小児科医の中には肌の汚れがひどい場合は2回洗浄することをすすめる場合も見られます。

どんな洗い方がいいのか迷っている方は、一度皮膚科を受診して、先生に相談してみましょう。

3. やさしく拭き取る

やわらかい素材のタオルで、全身を包み込み、押さえるようにして水分を拭き取ります。しわやくびれの間にも水分は溜まりやすいので、拭き忘れがないようにしましょう。

4. たっぷりと保湿する

赤ちゃんの保湿は、季節に関係なく1年中行ってください。保湿剤は病院で処方されるもの、市販の赤ちゃん専用のものがあります。テクスチャーもワセリンやクリームタイプ、乳液タイプ、ローションタイプなどがあるので、季節や好みに合わせて選びましょう。

病院では処方してくれたり、市販でおすすめ保湿剤を教えてくれたりするので、一度病院を受診して、先生に尋ねてみてください。

5. 朝は紫外線ケアをプラス

朝は、スキンケア後に紫外線対策を忘れないようにしましょう。日焼け止めは、もちろん赤ちゃん専用のものを。生え際や耳、ひじ、膝まわり、手の甲などは、日焼け止めを塗り忘れやすい箇所なので、注意してください。お外へ遊びに出る際には日焼け止めを持参し、2〜3時間ごとに塗り直すと効果が長持ちしますよ。

また、1日の終わりにはきちんと洗い流すようにしましょう。洗い残しは、肌トラブルの原因になります。

心配な症状は放っておかないように!

赤ちゃんの肌に乾燥や肌荒れなどのトラブルはつきもの。掻いてしまうと悪化する恐れがあるので、肌荒れや湿疹がある場合は、一度専門家を受診するようにしましょう。赤ちゃんの肌の状態に合わせたアドバイスや治療を受けることができますよ。

【参照サイト】

・【これさえ読めば安心♪赤ちゃんのスキンケア完全版】おすすめアイテムや皮膚科医が答えるQ&Aも!|資生堂 https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/DB009261/

・赤ちゃんからのスキンケア〜LESSON1 赤ちゃんの肌特徴〜|資生堂 https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/DB009124/

・赤ちゃんの肌の基礎知識|花王 https://www.kao.com/jp/binkanhada/base/

・乳児の皮膚トラブルに対する皮膚洗浄法の有用性 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnas/11/3/11_35/_pdf/-char/ja

・ママ必見!赤ちゃん*への日焼け止めの正しい使い方|資生堂 http://anessa.shiseido.co.jp/shigaisen/howto_baby/

・アトピー性皮膚炎とスキンケア|葛飾バンビ子供クリニック https://www.katsushika-bambi.com/allergies/#a10

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。34歳でASD(自閉スペクトラム症)の診断を受け、自分の過去や特性を研究しながら、発達障害やその疑いに悩む人に向けた記事を執筆します。

きくさんの記事一覧 →