子育てママのお悩み解決メディア
子供が仮病や言い訳をして学校に行かない時の理由や親の対処法を紹介

子供が仮病や言い訳をして学校に行かない時の理由や親の対処法を紹介

学校や幼稚園などに行くために、子供を起こすと「おなかが痛い」などと言って行きたがらないことは時々あることです。しかし、注意が必要な場合もあります。

今回は、子供が学校や幼稚園などに仮病や言い訳をして行きたがらない時に注意することや、親ができる対処法を紹介します。

子供が仮病や言い訳をする理由は?

子供が仮病を使ったり、言い訳をしたりして登校や登園をしぶるのには理由がある場合がほとんどです。次のような理由が考えられます。

家庭に理由がある

家庭に対して、淋しさや、不安感があることが理由のひとつです。

  • 親に構ってほしい
  • 自分に注意を向けてほしい
  • ママと離れたくない

上記のような不安な気持ちから、子供は仮病を使ったり言い訳をしたりすることがあります。しっかりしている子供でも、親に叱られなくなったことに淋しさを募らせ、無意識に仮病を使うこともあるのです。

学校に理由がある

学校や幼稚園などに対して、不安感や悩み事があることが理由の場合もあります。

  • 学校に行きたくない
  • 勉強についていけない
  • 友達や担任との関係に悩んでいる
  • 得意な科目などで挫折した

勉強についていけない、得意なことで挫折して大きなショックを受けたなどの場合は、励ましたり、得意分野を練習したり、一緒に勉強したりするなどの対処をすることで解決がしやすいです。

しかし、学校でのいじめや友達とのトラブル、担任の先生との関係などの理由の場合は解決するのが難しいことが多いので、学校カウンセラーなどに相談することをおすすめします。

子供が仮病や言い訳をしたときの対処法

子供が仮病や言い訳をしたらびっくりしますよね。怠けているなどと腹が立ってしまうこともあるでしょう。しかし、やってはいけない親の行動があるので注意が必要です。対処法もあわせて紹介します。

親がしてはいけないこと

次のような行動は、子供を傷つけたり、信頼関係を崩してしまったりすることがあるので控えた方が良いでしょう。

  • さぼっている、怠けているなどと否定する
  • 叱る
  • 仮病を責める、問い詰める

子供が仮病や言い訳をするのには、理由があります。親が叱ったり、責めたり、否定したりすると、子供は逃げ場を失ってしまいます。仮病や言い訳の背後にある不安感に目を向けるようにしましょう。

親ができる対処法

では子供が仮病や言い訳をした時、どう対処したら良いのかを紹介します。

  • 子供と過ごす時間を増やす
  • 仮病を使いたがる理由を考える
  • 受け入れる

仮病や言い訳をする理由を聞いても素直に言える子供は少ないので、普段の会話を増やしたり、コミュニケーションをたくさんとったりすることで、理由が聞き出せる可能性があります。また、子供が家庭に淋しさを募らせている場合は、淋しさを解消できる可能性があるのです。

また、仮病や言い訳を受け入れて、騙されたふりをすることで、子供が安心感を抱けることがあり、信頼関係の構築にもつながります。

子供が話や相談をしやすい環境を整えよう

子供が仮病や言い訳をして学校や幼稚園などに行きたがらない場合は、何らかの不安感を抱いている場合がほとんどです。叱ったり、責めたりせずに子供が話や相談をしやすい環境を整えてあげましょう。親子関係を深める良い機会になることもあります。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →