子育てママのお悩み解決メディア
遊び食べはいつまで続く?食べ物で遊ぶ原因と上手な対処法を紹介

遊び食べはいつまで続く?食べ物で遊ぶ原因と上手な対処法を紹介

食べ物を手づかみして振り回したり、スプーンやフォークで食器をカンカン叩いてみたりする「遊び食べ」。食卓が汚れたり、周りから「しつけができていない」と白い目で見られたりとても困りますよね。また、いつまで続くのか不安にもなるでしょう。今回は遊び食べについて、原因や対処法といつまで続くのかという期間についても解説します。

赤ちゃんの遊び食べとは?いつまで続く?

赤ちゃんの遊び食べとは、子供がご飯やおやつの時間に食べ物で遊んだり、食べながら遊び始めたりしてしまうこと。

親としてはとても困る行為ですが、遊び食べは赤ちゃんの好奇心に基づく探索行動の一種です。赤ちゃんは食べながら遊ぶことで、例えば「パンは柔らかい」「出来立てのご飯は熱い」などさまざまな物事を学んでいるのです。

2~3歳程度まで

遊び食べをする時期には個人差がありますが、一般的には離乳食が始まる1歳前あたりから始まり、2~3歳まで続くといわれています。

遊び食べの対処方法

子供は好奇心から遊び食べをして、親を困らせようとしているわけではありません。そのため、むやみに「遊んじゃダメでしょ!」と怒ると、子供はなぜ怒られたのか分からず萎縮してしまいます。

とはいえ、親にとっては思わず怒りたくなる行為ですよね。なるべくイライラしないためにも、遊び食べの上手な対処方法を見てみましょう。

汚れ対策をする

子供が遊び食べをした後は食べ物があちこちに飛び散り、片づけにひと苦労です。そこで、あらかじめ汚れ対策をしておくことで、遊び食べの後の片付けの手間を減らすことができます。

具体的な対策としては、以下が挙げられます。

・床に新聞紙やレジャーシートなどを敷く

・洗いやすい素材の椅子にする

・ひっくり返りにくい食器を使う

・受け皿付きの食事マットを敷く

・食事用のエプロンやスモッグを着させる

食事の時間を見直す

子供が食事中に立ち上がったり席を離れて遊び始めたりしてしまうのであれば、おまりお腹が空いていないことが考えられます。

食事の時間とおやつの時間の間隔が短すぎないか、1回の食事時間が長すぎて次の食事時間に影響が出ていないかなど、食事の時間を見直してみましょう。

なぜ遊んではいけないのか理由を伝える

遊び食べは成長の一環であるとはいえ、食べ物で遊ぶことをただ放置するのは良くありません。遊び食べをする子供には、なぜ食べ物で遊んではいけないのか、具体的な理由を根気よく伝えるようにしましょう。

まだ会話ができない乳幼児には「食べ物を落としたらママは悲しいな」と悲しげな表情をしたり、逆に上手に食べられたら「落とさないで食べられたね。ママ、嬉しいわ」とにっこり笑ったりと、表情で感情を伝えましょう。

遊び食べは成長の一環!対策をして見守ろう

食べ物で遊んだり食事中に遊びだしたりする遊び食べは、子供の好奇心からくる成長の証です。むやみに怒ってしまうと、成長の機会を奪ってしまうことになるので、注意しましょう。

遊び食べの時期は、汚れ防止対策や食事時間の見直しをするなどして、子供の食事を上手に支援してあげてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →