子育てママのお悩み解決メディア
2歳児の食わず嫌いが始まった!子供が食べない理由や改善した成功例

2歳児の食わず嫌いが始まった!子供が食べない理由や改善した成功例

子供の健康面を考えると、好き嫌いせずに料理を食べてほしいですよね。ただ2歳児になると、食わず嫌いが始まることも。

そこで今回は、子供が食わず嫌いする理由を紹介します。改善した成功事例も紹介するので、2歳児の食わず嫌いに悩んでいる人はぜひ参考にしましょう。

2歳児で食わず嫌いが目立つ理由

2歳児で食わず嫌いが激しくなるのは、味覚の発達や強い警戒心が考えられます。それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

子供の味覚が発達してきたから

2歳児に食わず嫌いが起こるのは、子供の味覚が発達してきていることが考えられます。「美味しい」「美味しくない」が判断できるようになるので、食わず嫌いが激しくなってしまうのです。

新しい物への警戒心が強いから

子供は、個人差はあるものの1歳を過ぎた頃から徐々に警戒心が高まり始めます。自分が好まない匂いや新しく食べる料理に対して警戒心が強まるため、食わず嫌いが目立ってしまうのです。

2歳児の食わず嫌いを改善した成功例

2歳児の食わず嫌いが目立つのは、子供が成長している証拠であるため過度に心配する必要はありません。しかし、残さずに食べてほしいと考える親も多いはず。ここでは、2歳児の食わず嫌いを改善した成功例をまとめました。ぜひ参考にしてみましょう。

大皿料理でバイキング形式にする

子供が食わず嫌いをして料理を食べないと親としては心配になりますよね。そんなときは、大皿料理にして子供が好きなものを取れるようにバイキング形式にしてみるのがおすすめ。子供は食べる量を自分で調節できるので、苦手なものも少しずつ改善できるようです。

食べ方や調理方法を工夫してみる

大人と同じ食器を使ったり食材を刻んで入れたりなど、食べ方や調理方法を工夫しましょう。また、子供に食べさせる人を変えるのもおすすめ。いつもママが食べさせているなら、パパにバトンタッチしてみましょう。それだけで、食わず嫌いせず食べてくれる子も多いようです。

一口でも食べたら子供を褒める

子供はパパやママに褒められるのが好きです。今まで食わず嫌いしていたものを一口でも食べられたら、少し大げさに子どもを褒めてあげましょう。褒められることが嬉しくて、次も食べてくれるようになる子供も多いようです。

替え歌を作って楽しく食事する

食わず嫌いの食材があるなら、その食材の替え歌を作ってあげるのもおすすめです。食材をキャラクターにして替え歌を作ると、親しみを感じて食べてくれる子供もいます。子供が好きな音楽を元に替え歌を作って楽しく食事しましょう。

2歳児の食わず嫌いは一時的なもの!

2歳児は、味覚が発達したり警戒心が強まったりして食わず嫌いが目立つようになります。ただ、食わず嫌いが起こるのは一時的なものです。

食わず嫌いが収まるまでは、食べ方や調理方法を変えたり替え歌を作ったりして工夫してみましょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →