子育てママのお悩み解決メディア
4歳児女の子の発達特徴とは?心身共に良い影響を与える遊びをご紹介

4歳児女の子の発達特徴とは?心身共に良い影響を与える遊びをご紹介

自分でできることが増える4歳児の女の子。いろいろな事に興味を持ち始めるので、日常生活に遊びを取り入れれば心身共に大きく成長できる時期です。

ただ、どのような遊びを与えればいいか悩むパパやママもいますよね。そこで今回は、4歳児の女の子に良い影響を与える遊びを紹介します。

4歳児における発達の特徴って?

まずは、4歳児における平均身長や体重、足のサイズなど発達の特徴を見ていきましょう。

自発性や意欲など心が成長する時期

4歳児は、自発性や意欲、協調性、人に対しての思いやりなど心が成長する時期です。また自分の経験したことを友達に話したり簡単な質問にも応えられたりするようになります。人と話すことでコミュニケーション能力も高められるのです。

4歳児の平均身長と体重、足のサイズ

厚生労働省の調査によると、4歳児の平均身長は男の子が104cm、女の子が103cm、平均体重は男の子が16.8kg、女の子が16.5kgで、男女で大きな差はないことが分かりました。また、足のサイズでいえば、男女ともに14〜16cmほどです。

4歳児女の子におすすめな5つの遊び

友達とコミュニケーションが取れたり手先が器用になったりなど、4歳児は遊びの幅もグッと広がる時期です。ここからは、4歳児の女の子におすすめな遊びを見ていきましょう。

友達と遊べる人形やごっこ遊び

4歳児の女の子には、ままごとから派生したごっこ遊びがおすすめです。他の遊びと比べると難しいルールもなく、特に必要な道具もありません。

とてもシンプルな遊びですが、自分で考えた物語の主人公になりきって役を演じるので、想像力や柔軟性を育てられる遊びなのです。

公園などで遊具を使用する遊び

体を動かすのが好きななら、公園の遊具を使って遊ぶのがおすすめ。アスレチックや滑り台など公園の遊具はほとんど遊べるようになるため、本人が「やりたい!」というときは挑戦させてみましょう。

ただ、遊び方によっては危険が伴うこともあるので近くで付き添うことが望ましいです。

集中力を育むブロックや塗り絵遊び

4歳児にもなると手先が器用になる時期なのでブロックや塗り絵遊びもおすすめです。ブロック遊びはさまざまな色や形を組み合わせて自由にものを作れるため、集中力を育てられます。

塗り絵もイメージを膨らませて絵を描くので、子どもの想像力や創造力を伸ばせるのでしょう。

五感を鍛えられる自然遊び

自宅の近くに大きな公園があるなら、五感を鍛えられる自然遊びがおすすめです。鳥の鳴く声を聞いたり綺麗な花を見つけたりして、「これは何だろう?」と子どもの興味を引き出してあげましょう。

自然の中で遊ぶことで視覚や触覚、聴覚など五感が刺激され、脳の発達も促してくれます。

心身ともに大きく成長!4歳児女の子を見守ろう

4歳児は、いろいろな事に興味を持ち始めるので心身ともに大きく成長できる時期です。親から見ると「大丈夫かな?」と不安に感じることも4歳児の女の子にとっては貴重な体験になります。

大人の価値観で子どもの「やりたい!」を止めるのではなく、できる限り意思を尊重してあげましょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →