子育てママのお悩み解決メディア
男の子と女の子で違う!?4歳児の平均体重や効果的な肥満対策をご紹介

男の子と女の子で違う!?4歳児の平均体重や効果的な肥満対策をご紹介

子どもの成長には個人差がありますが、他の子と比べて肥満が目立つと親としてはやはり気になるところですよね。

そこで今回は、4歳児の男の子と女の子における平均体重を紹介します。効果的な肥満対策も紹介するのでぜひ参考にしましょう。

4歳児の平均体重はどれくらい?

それでは4歳児の平均体重から見ていきましょう。肥満を判断する指標である「カウプ指数」についても説明しているので、確認してみましょう。

女の子・男の子の平均体重

厚生労働省が調査した結果によると、4歳児における平均体重は男の子で16.8kg、女の子で16.5kgであることが分かっています。4歳児の時点で、男の子と女の子に大きな差はないのです。

肥満を判断するカウプ指数

満3ヶ月~5歳の肥満を判断する指標が「カウプ指数」です。カウプ指数は「体重g÷(身長cm×身長cm)×10」の計算式で求められます。4歳児におけるカウプ指数の判定結果は、以下のとおりです。

・カウプ指数13未満(痩せすぎ)
・カウプ指数13以上〜14.5未満(痩せ気味)
・カウプ指数14.5以上〜16.5未満(標準)
・カウプ指数16.5以上〜18未満(太り気味)
・カウプ指数18以上(太りすぎ)

4歳児における肥満の原因は?

4歳児の肥満は、「朝食を食べない」「スナック菓子ばかり食べる」など食生活の偏りが主な原因だと考えられます。また運動不足や生活リズムの乱れも大きく肥満に影響しており、幼児期の成長を妨げる要因になることもあるのです。

4歳児に効果的な3つの肥満対策

「少し太りすぎ?」と感じたら、見直すべきポイントがいくつかあります。ここからは、4歳児に効果的な肥満対策を見ていきましょう。

1.規則正しい生活を心がける

まずは、規則正しい生活を心がけましょう。4歳児になると自我が芽生える子も多いので、自分の気分で朝食を食べなかったりなかなか寝てくれなかったりすることも。これでは生活が不規則になり肥満の原因になることがあります。

子どもだけでなく、パパやママも規則正しい生活を送れるように一緒に改善していきましょう。

2.おやつの摂取量に注意する

4歳児になると好き嫌いが激しくなる子どもも少なくありません。朝食や夕食はあまり食べず、お菓子ばかり食べる子もいます。

糖分が多いお菓子を取りすぎると、余分な糖が体に蓄積され肥満の原因になってしまうのです。お菓子の与えすぎには十分に注意しましょう。

3.適度な運動を取り入れる

子どもが肥満になる多くの原因は、摂取カロリーより消費カロリーが下回っていることです。家でばかり遊んでいるよりも、時には外に出て遊んだり散歩したりするのがおすすめ。

遊びに運動を交えることで体を動かすことが楽しいと感じるはずです。遊びに夢中になると間食も減らせるので、効果的な肥満対策になるでしょう。

4歳児の体重は個人差あり!ゆっくりと見守ろう

子どもの肥満が気になるときは、生活リズムを見直したり適度な運動をしたりなど生活習慣から改善するのがおすすめです。

ただ4歳児の体重は個人差があるので、標準を外れていることを過度に心配する必要はありません。子どもの成長をゆっくり見守りましょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →