子育てママのお悩み解決メディア
3歳児に必要な睡眠はどれくらい?昼寝をすると夜寝ない時の対処法

3歳児に必要な睡眠はどれくらい?昼寝をすると夜寝ない時の対処法

3歳頃になると体力もついてきて、なかなか昼寝をしない子も増えてきますよね。しかし、親としてはまだまだ小さいのに睡眠時間は足りているのかな?と不安に感じることもあるのではないでしょうか。

この記事では、3歳児の睡眠時間についてご紹介します。必要な睡眠時間や、睡眠時間が足りていないとどんな影響があるのかをお伝えしていきますので、参考にしてください。

3歳児の理想的な一日の睡眠時間とは

まずは、3歳児にとって理想的な睡眠時間をお伝えします。

11時間~13時間程度

3歳~5歳頃の子どもの理想的な睡眠時間は、1日に11時間~13時間程度と言われています。お昼寝が無い場合でも、夜7時に寝て、朝6時か7時時頃までしっかり眠れているようであればお昼寝は必要ないかもしれません。

しかし、親の仕事の都合などで、寝るのが9時を過ぎてしまう生活の場合は、お昼寝で睡眠時間を補う必要がありそうです。

睡眠時間は成長に影響する?

睡眠時間が足りていない場合、子どもにとってどんな影響が考えられるのでしょうか?

成長ホルモンの分泌を左右する

寝ている間に成長ホルモンが分泌されるため、睡眠時間が短いとその分成長ホルモンの量が減少してしまいます。成長期である3歳児にとって睡眠はとても大事です。

成長ホルモンの減少だけでなく、将来的に生活習慣病にかかるリスクが高まってしまうなど、大人になってからの健康に関するリスクも考えられます。

集中力、注意力、記憶力にも影響がある

睡眠時間が足りていないと、日中の活動にも影響が出てしまいます。睡眠不足による集中力、注意力、記憶力などが低下してしまい、遊びに集中できないことも。思わぬ事故にもつながりますので、睡眠不足には要注意です。

昼寝をすると夜の寝付きが悪い

昼寝をしてしまうと、夜寝る時間が遅くなってしまうことに悩むママも多いと思います。そんなときには、お昼寝の時間や夜の寝る前の行動と環境を見直してみましょう。

夜寝る環境を見直してみよう

寝る部屋前にスマホやテレビなどを見ていると、目がさえて眠れなくなってしまうこともあります。絵本を読んだり、寝る前に子どもとお話をしたりするなど、夜寝る前のルーティーンを決めてみたり、部屋を真っ暗にしてみたりするのも良いかもしれませんね。

昼寝をする時間を早める

お昼寝の時間を見直してみるのも一つのポイントです。お昼寝の時間が遅くなり15時以降になってしまうと、子どもは夜になっても眠くならないこともあります。お昼寝を早い時間にさせるなど、一度見直してみましょう。

子ども達の成長や健康のために、睡眠の管理をしよう

睡眠不足が続くと、成長の妨げになるだけでなく、体調を崩す原因にもつながります。子どもたちにとって、睡眠時間はとても大切です。子ども達の健やかな成長のために、大人がしっかりと睡眠の管理をしてあげましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →