子育てママのお悩み解決メディア
心も体も大きく育つ4歳児。どう接するのが正解?発達の目安も紹介

心も体も大きく育つ4歳児。どう接するのが正解?発達の目安も紹介

多くの言葉を知り、大人との会話もできるようになる4歳児は、心も体も大きく成長する時期です。お友達が幼稚園の先生など、親以外の多くの人と関わっていくなかで、気持ちの表現や人との関わり方などの社会性を学ぶ年齢でもあります。

親としても、接し方に悩むことが増えてきたなと感じるママも多いかもしれませんね。この記事では、4歳児の発達の目安や、困ったときの接し方などについてもお伝えしていきます。

4歳児はどんなことができる?

まずは、4歳児の発達について見ていきましょう。

4歳児の運動、遊び

遊具を使っての全身運動や、走ったりスキップをしたり、体の動きも良くなってきます。鬼ごっこやかくれんぼなどのルールがある遊びもお友達同士でできるようになる頃です。

お絵かきも顔や物を認識できるように描けるようになったり、はさみやのりを上手につかえたりと手先も器用になります。

4歳児の生活

生活面では、トイレや着替え、歯磨きなど一通りの身の回りのことは一人でできる子が多いです。ほかにも、話をしながらお絵かきをするなど、2つのことを同時にできるようになります。

何かお友達とトラブルが起こってしまったときも、泣くだけではなく、きちんと自分の言葉で行動の理由を伝えられる子が増えてくる頃です。

4歳の壁って何?

心と体の成長著しい4歳は、成長が大きいだけに気持ちが不安定になることもあるようです。

心と体の急激な成長で不安定に

成長過程の1つとも言われていますが、急激な成長が原因で自分で気持ちのコントロールができなくなり、急に泣き出したり暴れたりする子も多いようです。ほかには、好ましくない言葉を使ってみたり、お友達を傷つけるような言動を繰り返したりすることも。

大人に反抗的な態度をとることも

親に対しても、注意されたときに無視をしたり、ふてくされてみたりと反抗的な態度を取るようになってしまった子もいるそうです。親からしてみるとイラっとしてしまいますが、子どもの成長過程の1つと受け止め、思い切って甘えを受け止めてあげる姿勢も大切かもしれませんね。

4歳児の発達を促す方法とは

4歳児の成長をぐんぐん伸ばすには、どうすれば良いのでしょうか?ここでは、4歳の発達を促す方法をご紹介します。

達成感と充実感を味わう

子どもの気持ちを尊重して、「できた」「わかった」と達成感を味合わせることが大切です。達成感を知った子どもは、「また頑張ってみよう」と意欲が沸いてきます。

子どもの頑張りを認めて、励ましてあげることで子どもも充実感を知り、発達を促すことにつながります。

子どものプライドを大切にする

4歳児は心も成長しています。そのため、「恥ずかしい」「負けたくない」などの気持ちも芽生えています。子ども達の気持ちをしっかりと尊重して、メンタル面もケアしてあげることも必要です。

4歳児は社会性が育つ時期、少し離れて見守ることも大切

自我がはっきりしてきて、競争心も生まれる4歳児は、お友達とのトラブルも多くなってきます。そんな時に、すぐに親が仲裁するのではなく、子ども同士でどう解決するかを少し見守ってみることも大切です。

自分の思い通りにいかないことや、相手の気持ちを尊重することなどを学び、少しずつ社会性が身についていくのではないでしょうか。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →