子育てママのお悩み解決メディア
3歳児の指しゃぶりはやめさせたほうがいい?原因と対処法を紹介

3歳児の指しゃぶりはやめさせたほうがいい?原因と対処法を紹介

周りの子どもと比べて、3歳児になっても指しゃぶりをしていると不安になることもあるでしょう。3歳児は指しゃぶりをやめたほうがいいのか、なぜ指しゃぶりをするのかを、その対処法とあわせて紹介します。

3歳児の指しゃぶりをする原因とは

赤ちゃんの頃によく見られる指しゃぶりですが、3歳児になってもしているとなると、少し不安に思うこともあるでしょう。3歳児が指しゃぶりをする原因についてみていきます。

癖になっている

生後2~3ヵ月の赤ちゃんは、指を口に入れることで感覚を感じたり学んだりします。おっぱいを吸うのと同じく、反射的に指を強く吸っているのです。

少しずつ成長するうちに指しゃぶりが減っていきますが、口に入れて指しゃぶりを続けているうちに癖になってしまい、やめられなくなってしまうことも。

本人に自覚がなくても癖になっているため、手持無沙汰なときなどに、つい指しゃぶりをしてしまうのです。

気持ちを落ち着かせるため

眠たいときや怒られたときに指を咥えたら気持ちが落ち着いてきたという経験から、安心したくて指しゃぶりをすることもあります。指しゃぶりをすることで、不安な気持ちを紛らわそうとしているのでしょう。

指しゃぶりをすることで、自分の意識を他へ向けさせ、気持ちを落ち着かせているのです。

ストレスの場合も

指しゃぶりをしていると、ストレスがたまっている、愛情が足りないなどといわれることがあります。しかし、愛情たっぷりに育てられた子どもが指しゃぶりをしないという根拠はありません。愛情たっぷりに育てられた子どもでも、指しゃぶりをする子はするのです。

ただし、子どもからのストレスのサインの場合もあるため、指しゃぶりだけでなく、子どもの様子や話し方、行動などにも注意。そのうえで、子どもに構ってあげてないなど心当たりがあるときは、子どもと向き合う時間を作るようにしましょう。

指しゃぶりにはどんな影響がある?

だんだんとしなくなる指しゃぶりですが、もしこのまま続けた場合、歯並びやかみ合わせに影響が出る場合があります。

それは指の吸い方や強さ、頻度にもよりますが、指を吸うことで上の前歯を手前に、下の前歯を後方へ押してしまう形なるためです。

その結果、出っ歯やかみ合わせが悪くなる不正咬合(ふせいこうごう)の原因となります。かみ合わせは言葉の発音にも影響し、滑舌が悪くなる可能性もあるのです。

指しゃぶりをやめさせる方法とは

影響が出はじめる前に、指しゃぶりをやめさせる方法はあるのでしょうか。

グッズを使う 

指しゃぶりをやめさせる方法として、口に指を持っていかないようにグッズを使ってみましょう。おすすめは指や爪に塗る、なめると苦いマニキュアやクリームです。

子どもの口に入っても安心な成分でできていますので、ついうっかり口に入れても大丈夫。口に広がる苦味を何度か繰り返していくうちに、指しゃぶりも減っていくでしょう。

そのほかに、キャラクターの絆創膏を貼る、指しゃぶり防止の手袋などもあります。子どもに合った方法を試してみましょう。

やめるまで待ってみる

指しゃぶりをやめさせたいと焦り、叱ったり責めたりするのは逆効果です。子どもはますます不安になり、指しゃぶりをやめることができなくなってしまう可能性も。

成長とともに治まってくることもあるため、あまり心配しすぎず見守ることも大切です。ただし放置とは違い、少しずつ指しゃぶりの影響などを話していくといいでしょう。

不安な原因を解消する

指しゃぶりは、不安や心配な気持ちを落ち着かせようとしていることも考えられます。何が不安なのか、どんなことを心配しているのか、その原因を見つけて解消するようにしましょう。

子どもとの時間を充実させ、スキンシップをとるなど、子どもが精神的に安心できるようにすることが大切です。

指しゃぶりはその子に合った方法でやめさせよう

指しゃぶりの影響を考えると、このまま治らないのではないとか心配になるでしょう。しかし、焦って無理強いすれば逆効果です。子どもがなぜ指しゃぶりをするのか原因を見極め、その子に合った方法で指しゃぶりを卒業できるようにしましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →