子育てママのお悩み解決メディア
5歳児はどんなことができる?5歳児がぐんぐんやる気になる方法は?

5歳児はどんなことができる?5歳児がぐんぐんやる気になる方法は?

集団での生活が増えてくる頃でもある5歳児は、社会性が身につきルールやマナーも理解できる時期です。この記事では、5歳児の特徴や5歳児の発達を促す方法などをお伝えしていきます。

5歳児の子どもをもつパパやママはぜひ参考にしてくださいね。

5歳児の遊びや発達のめやすとは?

まずは、5歳児のできることをみていきましょう。ここでご紹介しているものは、あくまでもめやすです。発達には個人差があるため、できていないものがあるからといって発達に問題があるというわけではありません。

身の回りのことはほぼ自分でできる

トイレや着替え、歯磨きや食事などの自分の身の回りのことは、基本的には自分でできる子がほとんどです。お皿を下げたり、タオルなどの簡単な洗濯物を畳んだりなどのお手伝いをする子もいるようです。

ブランコや鉄棒、うんていなどの遊具も使える

ブランコや鉄棒、うんていなどの遊具も使える 体のつくりがしっかりしてくる頃で、バランスの取れた動きができるようになります。鉄棒で前回りができたり、うんていやブランコなどの遊具を使った遊びも上手になってきたりする頃です。

さまざまな遊びを経験していくなかで、体の使い方や危険なことも学んでいきます。

文字の読み書きができる子も

早い子では、数字やひらがなの読み書きができる子もいます。なかには全く文字には興味を示さない子もいるようです。学習に関しては、子どものタイミングもあります。興味を持ち始めた頃の方が覚えも早いといわれています。

無理強いをせずに、子どもの興味を引くようにしても良いかもしれませんね。

社会性も育つ5歳児

会話が上手になってきて、大人とも意思疎通ができるようになる頃です。集団行動のなかで、競争心や諦めない、頑張るなどのさまざまな感情も学んでいきます。

ここでは、5歳児の社会性についてご紹介します。

大人がいなくても遊べる

5歳児になると、子どもたちだけでルールを守りながら遊ぶことができます。思いやりの気持ちを持つことや、自分の気持ちをコントロールできるようになる子も多いです。

ルールやマナーを理解できる

挨拶をする、順番を守る、などの社会的なルールやマナーを理解して、行動に移せるようになる頃でもあります。

5歳児が伸びる方法とは?

5歳児の成長を更に伸ばしていくには、どんな方法があるのでしょうか?ここでは、5歳児の発達を促す方法をお伝えします。

普段の生活のなかに学びを取り入れる

カレンダーや時計など、日常の生活のなかにあるものを使って、文字や数字に興味を持たせてみましょう。「今日は何日かな?」「長い針が3になったらお片付けしようね」「コップを2つ取ってくれる?」など、普段から数や文字を意識させていくことで、自然と身についていきます。

自分で考える力を育てる

子ども一人では解決が難しそうなことでも、すぐに大人が答えを出してしまうのではなく「どうしたらいいかな?」「〇〇ちゃんはどうしたい?」などと質問を投げかけてみましょう。そうすることで、子どもは自分で考えて問題を解決しようとします。

自分で考えるきっかけを作ってあげることも大切です。

子どもの声に耳を傾け、自己肯定感を高めていこう

できることがどんどん増えていく5歳児。できるようになったことをパパやママに見てほしくて、アピールをすることも増えてきます。

子どもの頑張りを認め、褒めてあげることが次のステップへとつながるのではないでしょうか。小さなことでも、できるだけ子どもの声に耳を傾けてあげましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →