子育てママのお悩み解決メディア
4歳児の平均身長ってどれくらい?身長を伸ばす3つの対処法も紹介

4歳児の平均身長ってどれくらい?身長を伸ばす3つの対処法も紹介

4歳児は親の言葉を理解できるようになり、興味の範囲が広がるなど、子供にとって大切な時期といえます。また体も大きくなる時期であり、子供の体が順調に大きくなっているか不安に感じることもあるでしょう。

しかし4歳児の身長について理解しているとその不安も軽減できます。当記事では4歳児の平均的な身長や身長が低くなる原因、身長を伸ばす原因についてみていきましょう。

4歳児における平均的な身長とは?

4歳児の平均的な身長は男の子で102〜105cm、女の子が100〜104cmになります。4歳児は1年間で6〜7cm伸びることが多く、男の子は女の子より1〜2cm背が高いです。

成長は子供によって大きく差があるものなので、平均身長も大切ですが成長曲線通りにも注目しましょう。成長曲線に沿って背が高くなっていれば過度に不安に思う必要はありません。

4歳児の身長が低くなる主な2つの原因 

子供の身長が伸びるスピードには個人差がありますが、自分の子が4歳の時に周りの子供と比較して身長が大きいのか、小さいのかは気になる方は多いでしょう。周りの子供と比較して身長が低かった場合、身長が伸びない原因を知りたいと思うものです。

子供の身長が低い原因を知るため、ここでは4歳児の身長が低くなる主な原因を2つ紹介します。

1.成長ホルモンの遺伝子に異常がある

身長が著しく低い場合は、成長ホルモンの異常が考えられます。その原因としては「出産時の問題」「下垂体付近の脳腫瘍」といったが可能性が考えられます。

成長ホルモンには骨を作る効果があり、何らかの異常があると十分に骨を作ることができず、低身長になる可能性があるのです。

2.骨や腎臓に異常がある

骨や腎臓に病気が隠されている可能性もあります。成長ホルモンが正常であっても、骨に異常があると身長が伸びにくくなります。

また腎臓は成長に関わるホルモンや骨に関わるカルシウムを作るため、異常があると低身長になる場合があるのです。

4歳児の身長を伸ばすための3つの対処法

我が子の4歳の時の身長が他の子供と比較して著しく低い場合、その対処法について気になるものです。身長は遺伝も大きく関係しますが、運動や睡眠、栄養の3つの要素も影響します。

ここでは運動や睡眠、栄養の3つの観点から、身長を伸ばすための対処法を紹介します。

1.不足しやすい栄養素を食事で摂取する

身長を伸ばすにはバランスの食事によって栄養を摂取する必要があります。特に骨や歯を丈夫にするカルシウムや体の土台を作るタンパク質などは積極的に摂取する必要があり、食事で補いきれないエネルギーやビタミン類はおやつなどで摂取することもおすすめです。

2.運動で成長ホルモンの分泌を促す

適度な運動を取り入れることで成長ホルモンが分泌され、身長の伸びにも影響します。ただし過度なトレーニングは軟骨を傷つけ、成長に必要な栄養素が不足する可能性があるため注意が必要です。体の成長にあった適度な運動を心がけましょう。

3.質の良い睡眠を取る

21時までに寝て良質な睡眠を取りましょう。成長ホルモンは深い睡眠時に分泌されやすく、睡眠時間が短いとその分、分泌量が減ります。

身長を伸ばすには、遅くとも21時までに就寝し、睡眠時間を長く取るようにしてみてください。

子供の低身長が気になる場合は医師に相談

ここまで4歳児の平均的な身長や身長が低くなる原因、身長を伸ばす原因についてみていきました。我が子の身長が周囲の子を比べ著しく低いと、親としては不安に感じるものです。さまざまな対処法を試してもなかなか背が伸びないといった場合は、まずは医師に相談してみましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →