子育てママのお悩み解決メディア
4歳児の言葉の遅れが気になる?一般的な発達状況や疑問点などを紹介

4歳児の言葉の遅れが気になる?一般的な発達状況や疑問点などを紹介

4歳の子供は親の言葉をよく理解できるようになり、できることも増えていく頃です。しかし子供が成長する中で、年齢通りに言葉が発達しているかを不安に感じる親も多いでしょう。

安心して子育てできるように、当記事では4歳児における言葉の発達状況や疑問点などをみていきましょう。

4歳児における言葉の発達状況とは?

体の成長や社会性の発達など、4歳という年齢が子供にとって大きな変化が現れる頃です。言葉についても同様で、さまざまな言葉を理解できるようになり、積極的に会話できるようになります。ここでは4歳児における言葉の発達状況をみていきましょう。

自分が持つイメージを伝えられる

自分で思いついた話や頭の中のイメージを友達や保育園の先生に伝えられるようになります。覚えた言葉を繰り返し使い、一生懸命に伝えるのがこの頃の特徴です。

子供の声に耳を傾け理解を示してあげることで、子供はより自信を持って話せるようになるでしょう。

過去や未来などを理解して話す

「昨日は〇〇くんと遊んだ」「明日は〇〇を食べる」など過去や未来の話をできるようになります。時間の感覚が身についてくる頃で「昨日は何をしたの?」といった質問によって、さらに時間の感覚が身に付くでしょう。

物などの大小を理解して話す

「あの車は大きいね」など物の大きさを理解し話すようになります。大小を交えた話をされたら「あれは小さいね」など大小を表す言葉使いで返答すると、大小を表す言葉が身につき、より具体的に使えるようになるでしょう。

4歳児の言葉でよくある2つの疑問点

4歳になると時間の感覚や大小の判別がつくようになり、友達とより楽しんで話をできるようになります。しかし中には「発音が悪い」「言葉を覚えるのが遅い」と感じる4歳児もおり、年齢通りに言葉が発達しているかを不安に思う親もいるでしょう。ここでは4歳児の言葉でよくある疑問点を2つ紹介します。

1.サ行がタ行になるけど大丈夫?

4歳の子供はサ行がタ行になる場合がありますが、特に気にする必要はありません。子供は「話したい」という気持ちが先行し、うまく発音できていない場合が多いからです。

特にサ行やタ行はうまく発音できるようになるには時間がかかるため、長いスパンで様子をみてあげてください。また吃音が気になる場合も、特に特別な指導や支援をしなくても、小学校までに問題が見られなくなるケースが多いでしょう。

2.男の子の方が言葉を覚えるのが遅い?

親の言葉も理解でき、友達と仲良く遊べていても、女の子に比べて男の子の方が言葉の遅れが生じる場合があります。そのような場合も無理やり直させようとすれば子供は辛い思いをするばかりです。焦らず話せる時期が来るのを待つようにしましょう。

幼児期の吃音は気にしないことが重要

吃音は話始めに言葉が出てきにくく、同じ言葉を繰り返すことを言います。幼少期の男の子に見られることが多いですが、親が治そうと指摘するとより言葉が出てきにくくなり、症状が酷くなる可能性があります。

4歳児における言葉の発達状況を正しく理解し、無理に治そうとせず、気長に見守ることを意識しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →