子育てママのお悩み解決メディア
一体いつなの?オムツのサイズアップ検討のタイミングを解説!

一体いつなの?オムツのサイズアップ検討のタイミングを解説!

オムツには、テープタイプとパンツタイプがあり、そのなかでもS〜Lとサイズが分かれています。赤ちゃんの成長に合わせて、オムツをサイズを上げる必要があるのです。では一体どのようなタイミングで、検討し始めればいいのでしょうか。

オムツのサイズアップにはタイミングがある!

オムツのサイズアップには、適切なタイミングがあります。ここでは一般的にサイズアップが必要となるタイミングや判断するポイントと、パンツ式に移行する時期を解説します。「最近、オムツがキツくなってきたかな?」と感じたら、参考にしてださい。

一般的なタイミングは?

赤ちゃんにとって適切なオムツサイズを知るためには、パッケージのサイズ表を参考にするのが一般的です。以下のような表が記載されているので、参考にしてください。

 体重    オムツのサイズ
〜4.5kg      新生児用
4〜8kg       Sサイズ
6〜11kg     Mサイズ

判断する4つのポイント

オムツが大きすぎても漏れの原因となってしまいます。上の表からもわかるとおり、SサイズからMサイズへの移行は、体重だけでは判断しきれません。以下のうちいずれかに当てはまるようであれば、サイズアップを検討してください。

  • お腹にオムツのゴム跡がつく
  • テープを止める位置が、一番外側になった
  • オムツがヘソのずっと下にきてしまう
  • 漏れる回数が増えた

テープ式からパンツ式へ移行するタイミングは?

オムツにはテープ式とパンツ式があります。ではどのくらいの時期から、パンツ式に切り替えればいいのでしょう。パンツ式オムツのパッケージには、以下のような表があります。

体重  オムツのサイズ
4〜8kg   S
6〜11kg   M 
9〜14kg  L
12〜22kg  ビッグ

表からも分かるとおり、新生児用を卒業した段階で、パンツ用オムツを使うことができます。

月齢、年齢ごとのサイズ表

月齢や年齢に加え、赤ちゃんの行動によって、適切なサイズが記された表もあります。赤ちゃんの成長を、オムツが妨げてしまわないよう、以下の表も合わせて参考にしてください。

  目安となる行動      体重       サイズ
ねんね            5kg前後   新生児用、またはSサイズ
寝返り           4〜8kg      Sサイズ
おすわり            6〜14kg      M〜Lサイズ(テープ式の場合)
ハイハイ           6〜10kg    Mサイズ
立つ              9〜14kg      Lサイズ
トイレトレーニング開始   14〜28kg      L〜ビッグサイズ

サイズが適切かチェックする方法

現在使用しているオムツが適切なサイズなのかどうかも気になりますよね。ゴムの跡などはなくても「オムツが少し小さい気がする……」という場合は、以下のような点をチェックしてください。

テープの位置

テープは、適切な位置で止められているでしょうか?サイズの小さいオムツを付けた場合、テープの位置は一番外側になり、おへそもオムツから出てしまいます。個人差はありますが、一般的におへそがオムツから完全に出てしまっている場合は、股上の長さが足りていません。サイズアップを検討しましょう。

フィット感

太ももやおしり周りのフィット感も、注意して見てあげましょう。この部分が適切なサイズでないと「痒がって泣く」「漏れる」などの原因となります。適度に密着しつつ、キツくない程度の加減を意識しましょう。

お子さんにぴったりなサイズのオムツを選ぼう!

オムツのサイズがあっていないと漏れの原因となり、1日に何度も着替えさせたり洗濯したりする羽目になってしまいます。赤ちゃんの成長は早いので、常にワンサイズ上のオムツは用意しておくことが得策かもしれません。ここまででご紹介した内容を参考に、ぴったりのオムツを選んであげてください。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →