子育てママのお悩み解決メディア
オムツの替え方のコツとは?テープ・パンツタイプ別の替え方をご紹介

オムツの替え方のコツとは?テープ・パンツタイプ別の替え方をご紹介

オムツ替えが上手くいかず、いつも手間取ってしまい困っているという新米ママやパパは多いでしょう。オムツ替えはコツを掴むことで、スムーズに替えられるようになりますよ。

今回はテープタイプとパンツタイプ、それぞれの替え方やコツをご紹介します。

【新生児期】テープオムツの替え方とコツ

生まれてからハイハイ程度までの時期に使われるテープタイプのオムツ。新生児はうんちがゆるく、オムツがきちんと着けられていないと隙間から漏れてしまうこともあるので注意が必要です。

テープタイプオムツの替え方

テープタイプオムツの替え方を、順序に沿って見てみましょう。

1.オムツの準備

足周りのギャザーもしっかり立てることを意識してオムツを広げます。この時に、お尻拭きや捨てるオムツを入れるビニール袋も用意しましょう。

2.オムツを交換する

着けているオムツのテープを外し、お尻拭きで汚れを落としたら、汚れたオムツを取り除きます。

3.新しいオムツを着ける

新しいオムツを赤ちゃんの下に敷き、立体ギャザーを伸ばして足周りに隙間ができないように確認しながら、お腹に当てます。

4.テープを止める

片手でお腹まで伸ばしたオムツを押さえて、もう一方の手でテープを止めます。この際、赤ちゃんが苦しくならないように、お腹とオムツの間に指1本分程度の隙間を空けましょう。

新生児のオムツは足周りに隙間がないか確かめることが重要です。交換後は必ず隙間の有無をチェックしましょう。

オムツ替えのコツは「声かけ」

オムツ交換は、赤ちゃんとスキンシップを取る大切な時間。ただ無言で替えるのではなく、「お尻きれいになったね」「いいうんちがいっぱい出たね」など声かけもしてあげましょう。

【足バタ期~】パンツオムツの替え方とコツ

赤ちゃんが足を激しく動かしたり、ハイハイしたりする時期に入ったら、より動きやすいパンツタイプに変えましょう。

パンツタイプオムツの替え方

パンツタイプのオムツは、いかに手際よく替えられるかが重要。スムーズに替えられるように、替え方を覚えておきましょう。オムツの準備まではテープタイプと変わらないため、オムツを交換するところから解説します。

1.オムツを外す

パンツタイプのオムツは下にさげるか、サイドを破くことで外せます。外す際に、立てる赤ちゃんの場合は立ったままでも交換することができます。ただし、必ず赤ちゃんがしっかりしたものに掴まった状態で替えましょう。

2.オムツをはかせる

オムツの下から足ぐり部分に両手を入れて、ウエスト部分を大きく広げてはかせます。この時、両足を一度に通そうとせず、片足ずつはかせましょう。

パンツタイプのオムツも、テープタイプと同じく足周りに隙間がないことが大切です。ギャザーはしっかりと立っているか確認しましょう。

男の子は性器の向き・女の子はかぶれに注意

パンツタイプは下からはかせるため、男の子の場合は慌てていると性器が上向きになってしまい、おしっこ漏れの原因になります。

女の子は男の子よりおしっこが肌に触れやすく、かぶれを起こしやすいので注意が必要です。

オムツの上手な替え方はコツを掴むこと

オムツの交換は慣れていないと手間取ってしまい、非常に困難です。オムツを上手に替えるためには、何度も替えて慣れることが重要ですが、コツを掴むことでスムーズに替えられるようになりますよ。

オムツ替えでいつも手間取ってしまうというママやパパは、ぜひ今回ご紹介したコツを参考にして、オムツ替えに挑戦してみてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →