子育てママのお悩み解決メディア
子供はよく歯ぎしりをする?原因は睡眠の質やストレスの場合も

子供はよく歯ぎしりをする?原因は睡眠の質やストレスの場合も

子供が睡眠中にギリギリと歯ぎしりをしているのを見て、不安に感じているママもいるのではないでしょうか?歯ぎしりと聞くと、ストレスなどマイナスのイメージがあるため、どうしても心配になってしまうと思います。

しかし、子供の歯ぎしりは成長過程の一つでもあるのです。この記事では、子供の歯ぎしりの原因や、歯科医を受診する目安をお伝えします。

子供の歯ぎしりはなぜ起こる?

子供が歯ぎしりをするのは、なぜでしょうか?まずは、子供が歯ぎしりをする原因についてお伝えします。

子供が歯ぎしりをするのは生理現象

子供は、歯が生え始めたり乳歯が抜けたりと、口内の環境が大きく変化するため歯ぎしりをすることがあるといわれています。1歳未満の歯が生え始めるタイミングで歯ぎしりをする子供も多く、それらは生理現象で成長の証でもあります。歯のかみ合わせを調整する役割もあるそうです。

そのため、成長とともに歯ぎしりがなくなっていく子がほとんどで、過度に心配する必要はありません。

睡眠の質やストレスが原因の場合もある

しかし、なかにはストレスなどの原因が隠れている歯ぎしりもあります。

子供は些細な変化でもストレスを感じやすい

少しの環境の変化や、集団生活でのトラブルなど、大人にとっては些細なことでも、子供にとっては強いストレスを感じることもあります。ある調べでは、歯ぎしりをする子のなかには、毎日習い事に通っているなど忙しい子が多いということがわかっています。

気づかないうちに子供にとって負担になっているということもありますので、心当たりのある方は子供の習い事やスケジュールを見直してみてはいかがでしょうか。

睡眠の質が影響することも

睡眠時間が足りていなかったり、就寝前にスマホを見ていたりすると、浅い眠りになり、質の良い眠りには繋がりません。睡眠の質が、歯ぎしりの原因となっていることもありますので、子供の睡眠の質を高めることも大切です。

歯ぎしりがクセになる?

歯ぎしりをする期間が長い場合には、歯ぎしりすることがクセになっている可能性もあります。

歯が生え揃っても歯ぎしりをする

歯ぎしりをするのは、歯が生え揃う頃までで、年齢でいえば2歳半頃といわれています。歯がすべて生え揃っているのに、なかなか歯ぎしりをやめない……、と感じている場合は一度歯科医に相談してみましょう。

また、乳歯は柔らかく、歯ぎしりをすることで削れてしまうこともあります。歯の形や歯並びが気になる場合にも、歯科医の受診をおすすめします。

子供の歯ぎしりは成長の証ですが、心配な場合は相談を

子供の歯ぎしりは、歯が生えることにより起こる生理現象の場合が多いです。心配しすぎず、少し様子を見ても良いかもしれません。

しかし、歯が生え揃ってもやめなかったり、歯の異常を感じたりしたときには早めに歯科医へ相談することをおすすめします。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →