子育てママのお悩み解決メディア
睡眠時に子供に音楽を聴かせると良い効果がある!良い聴かせ方も紹介

睡眠時に子供に音楽を聴かせると良い効果がある!良い聴かせ方も紹介

子供がなかなか眠ってくれないと、ママも睡眠不足になってしまい、疲れが取れずに途方に暮れるなんてこともありますよね。

昔から子守歌があるように、寝る時に音楽を聴かせるとリラックスできたり、心拍数が安定したりと良い効果があるのです。今回は、赤ちゃんや幼児が寝る時に音楽を聴かせると生まれる効果や、聴かせ方のポイントを紹介します。

寝る前の音楽は良い効果が期待できる

赤ちゃんや幼児が寝る時に音楽をかけると、次のような効果が期待できます。

  • 眠気を誘ってスムーズに寝かしつけられる
  • 心拍数が安定してリラックスできる
  • 赤ちゃんが楽しい気分になり、豊かな感情を育成できる


快眠に繋がる音楽の特徴

気持ちよく、快眠するための音楽は次のような音楽がおすすめです。

  • 4,000Hz以上の高周波を含む音楽
  • 川のせせらぎや小鳥のさえずりなど、自然界のゆらぎの音が入っている音楽


高周波を含む音楽は、脳をリラックス状態へと導いてくれます。また、自然の揺らぎの音は、心身をリラックスさせる効果があるといわれており、脳にα波をもたらしてリラックスさせてくれるのです。

睡眠を妨げる音楽の特徴

睡眠を妨げてしまう音楽は、次のような音楽です。

  • 激しくアップテンポな曲


脳を覚醒させてしまうようなアップテンポや激しい曲は避けた方が良いでしょう。

子供の入眠時に音楽を聴かせる時の注意点

子供の入眠時に音楽を聴かせる際は、曲選びや寝る時の環境にも配慮が必要です。

赤ちゃんに聴かせる時はテンポや音に気を付けよう

赤ちゃんに聴かせる音楽を選ぶときは次のような特徴の音楽を選ぶと良いでしょう。

  • 転調する音楽
  • 女性の声が入っている曲
  • ばびぶべぼやぱぴぷぺぽなどの破裂音が入っている曲
  • 高めの周波数や高音の音楽


このような特徴の音楽を聴くと赤ちゃんは刺激を受けたり、気分を変えたりできるのです。

ずっとかけっぱなしはよくない

大人もそうですが、寝る時には環境に配慮することも大切です。テレビなどは消して、雑音は消しましょう。部屋も暗くすることで、効果が上がります。

音量は赤ちゃんに話かけるくらいのボリュームがおすすめです。また音楽をかけっぱなしにするのは避けましょう。赤ちゃんが眠りについたら音楽を止め、静かな空間で眠らせてあげてください。

寝る時に音楽を聴いて脳も体もリラックスしよう!

大人も子供も寝る時に聴く音楽はα波が出てリラックスできるため、良い効果をもたらします。赤ちゃんや幼児には豊かな感情の育成など、さらに良い効果が期待できるのです。子供がなかなか眠らず、ママ自身も眠れないという時は、音楽を聴いて脳も体もリラックスしましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →