子育てママのお悩み解決メディア
成長ホルモンが多く分泌される時間帯がある?子供の睡眠との関係は

成長ホルモンが多く分泌される時間帯がある?子供の睡眠との関係は

成長ホルモンは、子供が大人へと成長していくための大切なホルモンの1つで、「寝る子は育つ」と言われるように子供が夜、ぐっすり眠っている時に多く分泌されるのです。

そもそも成長ホルモンとは?

成長ホルモンは、脳の下垂体という所から分泌されるホルモンで、幼少期から一生涯にかけて分泌されます。分泌量は1日の中で変動しますが、夜間の深い眠りについている時に最も盛んに分泌されるのです。成長ホルモンには次のような役割があります。 

肥満や生活習慣病の予防

成長ホルモンにはタンパク質を合成し、筋力をつける働きがあり、筋力がつくことで、炭水化物や糖質の代謝を促進します。

代謝が活発になると、傷ついた体の組織を修復する作用が生まれるため、肥満や生活習慣病の予防につながるのです。

骨や背を伸ばし、筋力をつける

成長ホルモンが分泌されると、肝臓や軟骨に働きかけ成長因子の生産が促されます。生産された成長因子の作用で骨が成長し、筋肉が作られるのです。

集中力や記憶力を高める

成長ホルモンがしっかりと分泌されることで、脳の疲労回復に繋がります。そのため脳の1日の疲れが癒され、集中力や記憶力の発達を高める効果が期待できるのです。

疲労回復や抵抗力を高める

成長ホルモンは疲労回復の作用があり、骨や筋肉が作られることで、抵抗力を高めることにも繋がります。

睡眠時の成長ホルモンが子供には大事な理由

成長ホルモンは、子供の体を成長させるためには欠かせない大切な物質です。この成長ホルモンは、個人差はありますが、眠りが深くなったときに分泌量が最も増えると言われています。

しっかりと眠れるように、眠る前に強い光が出る画面を見ないなどの工夫をするようにしましょう。

年齢別の睡眠時間とは?

子供の成長ホルモンをたくさん分泌させるためには、9時間半程度の睡眠を確保すると良いと言われています。しかし、子供の年齢により理想の睡眠時間は異なるのです。

生後2か月までの赤ちゃんは、昼夜の区別がありません。新生児は1日のほとんどを寝て過ごすため1日通して15時間程度の睡眠時間が理想とされています。

子供が1歳頃になると昼夜の区別がわかるようになって夜まとめて眠ることも多くなる時期です。まだ体力がなくお昼寝が必要なため、1日通して13時間程度の睡眠が理想と考えられています。

日中活発に動き始める3歳から6歳頃になると、夜の睡眠も深くなってくる時期です。この時期の理想の睡眠時間は12時間程度と考えられています。

学校に通い始め、体力の消耗が激しくなる6歳以降は10時間程度の睡眠を確保できると理想的でしょう。

しっかり睡眠を確保して子供の成長を応援しよう!

子供に何度「寝なさい」と言っても、なかなか眠れない子供もいるでしょう。小さい頃から早寝早起きや睡眠リズムを整えることを心掛け、子供の睡眠時間をしっかりと確保することが大切です。

寝る時の習慣づけや睡眠リズムを作るのは、親の助けが必要になります。子供の睡眠をしっかりと確保して子供の成長を応援してあげましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →