子育てママのお悩み解決メディア
小学生の学習塾の費用相場はどれくらい?費用以外に確認すべきこと

小学生の学習塾の費用相場はどれくらい?費用以外に確認すべきこと

小学校の子どもに勉強の遅れが見られたり中学受験を検討したりする場合、学習塾に入るべきか悩む人も多いでしょう。実は学習塾には進学塾と補習塾があり、それぞれ目的が異なります。

また、授業料にかかる費用も違うので、選ぶときには十分に注意しなければいけません。そこで今回は、学習塾の種類や費用相場について解説します。

小学生の学習塾の費用相場

学習塾の種類は大きく分けて「進学塾」と「補習塾」の2種類があります。ここからは、それぞれの特徴とかかる費用を見ていきましょう。

受験対策向け「進学塾」の場合

進学塾は、中学受験向けのカリキュラムを組んで勉強を進めるのが特徴です。補習塾よりも金額設定が高めで低学年は2〜3万円、高学年は3〜5万円が相場となります。また授業料以外にテキストや模擬試験代、講習費用がかかるのが一般的です。

復習ベース「補習塾」の場合

補習塾は、授業内容をサポートする復習をメインに勉強を進めるのが特徴です。授業料は低学年で1万円前後、高学年になると1〜3万円程度になります。補習塾を選ぶ場合は模擬試験や講習を受けない人も多く、進学塾より費用相場が低いです。

授業料以外でかかる費用はある

進学塾は、入会金やテキスト代、講習費など授業料以外にも費用がかかります。入会金は入塾する際に支払うお金で、相場は1〜3万円程度です。テキスト代は、それぞれの学習塾で使用される専門教材で1教科あたり3,000円程度となります。

最後に講習は、夏休みや冬休みなど長期休暇を利用して行われる季節講習です。通塾回数やコマ数によって費用は大きく変わります。

費用以外で確認すべき3つのこと

学習塾の選び方を間違えると、思ったような効果が得られない場合もあります。毎月費用を支払っているにもかかわらず、十分な効果を得られないのはできる限り避けたいですよね。学習塾を選ぶ際、費用以外で確認すべきことを解説します。

1.受験目的なら合格実績を確認する

進学塾を検討しているなら、その塾の合格率をしっかり確認しましょう。学習塾の指導方法はそれぞれ異なるので、実績も大きく異なります。特に志望校の合格率が高い実績を持つ学習塾を選べば、有益な情報も得られるでしょう。

2.サポート体制の充実性を確認する

費用や合格実績が注目されがちですが、サポート体制もしっかり確認しましょう。例えば、子どもの進路相談に乗ってくれたり学習意欲を高めてくれるアドバイスを行なってくれたりなどがあります。

子どもの成績は、周りのサポートで結果が変わることも少なくありません。特に進学塾に通う場合は精神的にも不安定になりやすいので、学習塾のサポート体制を確認することが大切です。

3.塾へのアクセスの良さを確認する

小学生で塾に通わせる場合、自宅から近い学習塾を選びましょう。たとえ合格実績が高くサポート体制が充実していても、自宅から遠ければ子どもは通うのが苦痛に感じる可能性もあります。

さらに夜に塾から帰宅する子どもを待つのは、親としては不安ですよね。できる限り自宅から近い学習塾を選ぶのがいいでしょう。

複数の学習塾を比べて子どもに適した場所を選ぼう!

学習塾は進学塾と補習塾があり、それぞれ特徴や費用も大きく異なります。また合格実績やサポート体制、立地条件も違うので、目的に合わせて総合的に判断し選ぶことが大切です。

気になる学習塾を複数挙げて、子どもに適した塾を選びましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →