子育てママのお悩み解決メディア
一時保育ってどんなもの? 種類をご紹介

一時保育ってどんなもの? 種類をご紹介

急な仕事や兄弟の学校行事、親の介護やママやパパのリフレッシュなど、さまざまな目的で子どもを預けられる一時保育。子育て中の方は、一時保育について知っておくといざというときに安心です。今回は、一時保育についてご紹介します。

一時保育とは?

楽しそうにハサミで遊ぶ子供と笑顔の保育士

一時保育とは、一般的に数時間や半日など単発で子どもを預けられるサービスのことです。毎日預ける保育園とは違い、利用したいときだけ子どもを預けられます。一時保育は、保育園などに入園していなくても利用できます。

一時保育を利用する理由は?

一時保育を利用するのは、保護者の急な病気や仕事など子どもをどうしても預けなければならないという場合だけでなく、子どもから少し離れて買い物をしたり習い事に出かけたり、ママやパパのリフレッシュのために利用することもできます。

保護者の就労
兄弟の学校行事など

近親者の介護
保護者の社会参加

保育からのリフレッシュなど

子育て中は予想外の突発的なことが起こったり、子どもとの距離が近すぎて疲れてしまったりすることもあります。一人で抱え込んだり頑張りすぎたりせず、子どもを預けられる一時保育を利用し、上手に子育てをしましょう。

一時保育を実施しているのは?

一時保育の実施主体は、市区町村と市区町村が運営を認めたNPO法人などです。国の地域子ども・子育て支援事業によって、96.9%の私立幼稚園でも一時保育が行われています。

一時保育の種類

男性の保育士と女性の保育士の膝の上に乗り、ぬいぐるみやタンバリンで楽しそうに遊ぶ3人の子供たち

国は現在、地域子ども・子育て支援事業として一時保育ができる一時預かり事業を推進しています。

政府が推進する一時預かり事業

一時預かり事業は、主として昼間の時間帯に認定こども園、幼稚園、保育所、地域子育て支援拠点その他の場所において、一時的に預かり必要な保護を行う事業です。家庭において保育を受けることが一時的に困難となった乳幼児を対象としています。

一時保育には子どもが属する環境や地域によって利用できるものが異なります。以下に7つの一時保育をご紹介します。

①一般型(どこにも入園していない子ども向け)

一般型の一時保育は、主として保育所、幼稚園、認定こども園などに通っていない、または在籍していない乳幼児が対象です。

一時保育が実施される場所は、保育所、幼稚園、認定こども園、地域子育て支援拠点または駅周辺など利便性の高い場所などです。

②幼稚園型Ⅰ(幼稚園などに通う3歳以上の子ども向け)

幼稚園型Ⅰの一時保育は、主として幼稚園などに在籍する満3歳以上の幼児で、教育時間の前後または長期休業日などに通園している幼稚園などにおいて一時的に保護を受ける幼児が対象です。

一時保育が実施される場所は、幼稚園や認定こども園で、保育の定員を使わず在籍している幼児が利用できます。

③幼稚園型Ⅱ(3号認定を受けた2歳の子ども向け)

幼稚園型Ⅱの一時保育は、保育の必要性の認定である3号認定を受けた2歳児が対象です。

一時保育が実施される場所は幼稚園で、認定こども園は対象外となっています。

④余裕活用型(どこにも入園していない子ども向け)

余裕活用型の一時保育は、一般型と同じく主として保育所、幼稚園、認定こども園などに通っていない、または在籍していない乳幼児が対象です。

一時保育が実施される場所は、保育所、認定こども園、家庭的保育事業所、小規模保育事業所、事業所内保育事業所
で、利用児童数が定員に達していない場合に利用できます。

⑤居宅訪問型(障害、疾病、ひとり親など要件に該当する子ども向け)

居宅訪問型の一時保育は、以下の要件に当てはまる場合のみ利用できます。
障害、疾病等の程度を勘案して集団保育が著しく困難であると認められる場合
ひとり親家庭等で、保護者が一時的に夜間及び深夜の就労などを行う場合
離島その他の地域において、保護者が一時的に就労などを行う場合

一時保育が実施される場所は、利用する子どもの居宅内です。

⑦地域密着Ⅱ型

地域密着Ⅱ型の一時保育は、乳幼児が対象です。通常保育士2名で一時保育が実施されますが、子どもを預かる担当者に経験豊富な保育士1名と研修などを受けた担当者1名がいれば一時保育ができる点が①一般型との違いです。

一時保育が実施される場所は、地域子育て支援拠点や駅周辺など利便性の高い場所などです。

一時保育が利用できる場所をチェックしておこう

うつ伏せで両手をほおにあて微笑むツインテールの女の子

一時保育を利用するには、どの施設に預けられるか、利用料金はいくらか、事前登録が必要か、申し込みはいつまでかなど、事前に確認しておいたほうがいい項目が多くあります。いざというときにすぐに利用できるよう、まずは自宅周辺で利用できる一時保育について調べてみましょう。

【参照元】
https://www.gyoukaku.go.jp/review/aki/R02/img/s10.pdf
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/faq/pdf/jigyousya/handbook8.pdf

いろは

いろはライター・エディター

ASD、ADHD、LDの9歳男児、ASD、ADHD6歳女児と3人で暮らす。早稲田大学在学中に週刊誌の編集アシスタントを経験したことをきっかけに、今に至る。

いろはさんの記事一覧 →