子育てママのお悩み解決メディア
新生児が退院する時の服って?四季に合ったセレモニードレスを選ぼう

新生児が退院する時の服って?四季に合ったセレモニードレスを選ぼう

新生児が病院から退院する日は、赤ちゃんが初めて外の世界に触れる日でもあります。つまり一生に一度の特別な日なのです。そんな日は、素敵な洋服を着せてあげたいですよね。今回はそんな日にぴったりの服、セレモニードレスについて解説します。

セレモニードレスって知っている?

みなさんは「セレモニードレス」をご存知でしょうか。セレモニードレスは、退院する日の他にも、生後30日頃に行うお宮参りなどにも活用できます。ここでは、セレモニードレスがどういったものなのか解説します。

新生児が退院するときに着せる服のこと

セレモニードレスとは新生児が、生まれた病院から退院する日に着るドレスのことです。海外では、キリスト教の洗礼式などに着用します。

日本では退院の日や、お宮参りなどの際に活用されるものです。

セレモニードレスの選び方は?

赤ちゃんにセレモニードレスを着せるときには、通常ドレスの下に肌着も用意します。風邪をひいてしまわないよう、季節ごとの気温にあった肌着を着せましょう。セレモニードレスは、シンプルなものから華やかなものまでさまざまなデザインが販売されています。お母さんの好みに合った1着を選んでください。

セレモニードレスは、男の子でも着れる

セレモニードレスは「ドレス」とはいっても、男女どちらでも着れるデザインのものが多く販売されています。そのため、男の子であってもセレモニードレスを着せることができるでしょう。

四季に合わせた退院着を選ぼう!

セレモニードレスを選ぶなら、やはり赤ちゃんが生まれた季節に沿ったデザインにしたいところ。ここでは先輩ママの声を参考にして、四季ごとにおすすめするセレモニードレスを紹介します。

春生まれの赤ちゃんに贈る退院着

春生まれの赤ちゃんには「白」をベースとしたセレモニードレスがよく選ばれるようです。春は、まだ肌寒い日もあるため、肌着を2枚重ねて着せたという声も上がっています。

夏生まれの赤ちゃんに贈る退院着

夏生まれの赤ちゃんには、比較的カジュアルな服を選ぶ方多いようです。カラーはレインボーなどポップなものにすると、夏生まれの赤ちゃんらしさが出そうですね。

秋生まれの赤ちゃんに贈る退院着

秋生まれの赤ちゃんに着せるセレモニードレスは、紅葉をイメージしたカラーを選ばれるようです。黄色やオレンジ、赤などがおすすめ。

冬生まれの赤ちゃんに贈る退院着

冬のイメージはなんといっても「雪」です。オフホワイトなど、少し温かみのあるホワイトを選んだ方もいらっしゃるようです。逆に2月生まれの赤ちゃんには、バレンタインを意識してか、赤いセレモニードレスを選んだ方もいらっしゃいます。

退院するときのお母さんの服装は?

退院時には、赤ちゃんの服に気を取られて、お母さんの服装を忘れがちです。マタニティウェアはぶかぶかになっているため、お母さんの服装も考える必要があります。

基本的にはゆったりとしたシルエットのものや、授乳のしやすさに考慮したキレイ系のファッションであることが多いようです。セレモニードレスとカラーを合わせてみるのも、素敵ですね。

特別な1日にはセレモニードレスを!

病院を退院する日は、赤ちゃんが初めて外の世界に触れる大切な日。赤ちゃんが成長してから、見られるよう記念写真を撮っておきたいところです。ぜひ赤ちゃんには素敵なセレモニードレスを着せて、特別な1日を記憶や写真に残してください。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →