子育てママのお悩み解決メディア
新生児がむせる原因はさまざま!正しい対処法を習得しよう

新生児がむせる原因はさまざま!正しい対処法を習得しよう

授乳やミルクをあげるときに新生児がむせると、ママはとても不安に感じるはずです。特になかなか症状が落ち着かないときは、新生児が息苦しそうで早く改善してあげたいと思いますよね。

そこで今回は、新生児がむせる原因や対処法をご紹介します。

新生児がむせる3つの原因

新生児は、授乳やミルクを飲むときにむせてしまうことがあります。ここからは、新生児がむせる原因を確認していきましょう。

1.授乳やミルクを飲むのに慣れていない

新生児は、授乳やミルクを飲むのに慣れていないことも多いです。特にミルクは勢いよく飲ませすぎると、新生児はむせてしまうことがあります。また、新生児は授乳やミルクと一緒に空気を飲み込んでしまうことも多く、それがむせる原因になるのです。

2.胃がまっすぐ腸につながっている

新生児の胃は、まっすぐ腸まで繋がっています。授乳やミルクを飲んだ直後に寝かせると、飲んだものが逆流したり吐き戻したりすることがあるのです。また新生児の胃はサイズも小さいので、胃にある括約筋が緩んでむせる原因になります。

3.新生児の鼻が詰まっている

新生児が風邪を引いて鼻が詰まっていると、むせることがあります。鼻が詰まることで、鼻水が喉に流れ込んでしまうのでむせてしまうのです。新生児がよくむせるときは、鼻づまりをしていないか確認してあげるのがいいでしょう。

新生児がむせる時の3つの対処法

新生児がむせたときは、授乳やミルクをあげるのを中断して背中を優しくさすり、気管が開くのを待ちましょう。気管が開けば、新生児も呼吸が楽になるはずです。ただ新生児が授乳やミルクを飲ませるときにむせるなら、以下の対処法を試してみましょう。

1.授乳する前に前搾りをする

新生児は授乳やミルクを飲み慣れていないので、あまり勢いよく出すぎるとむせてしまいます。授乳の場合は、新生児にあげる前に一度前絞りをするのがおすすめです。ミルクの場合は、哺乳瓶の吸い口が小さいサイズのものに変えてみましょう。

2.ミルクや離乳食の温度に注意する

ミルクや離乳食を新生児にあげるときは温度に注意しましょう。大人も同じですが、熱いものが口に入るとびっくりしてしまいます。その反動で、新生児がむせてしまうのです。ミルクや離乳食を新生児に与えるときは人肌まで冷ましてあげましょう。

3.鼻づまりを解消してあげる

新生児がむせるのは、風邪を引いて鼻づまりを起こしているのかもしれません。鼻づまりを起こしているようなら、病院などで鼻水を吸引してもらいましょう。鼻水がなくなれば呼吸も楽になるので、新生児がむせることも少なくなるはずです。

新生児がむせたら対処法を試してみよう!

新生児は、授乳やミルクを飲むときにむせてしまうことがあります。ただ授乳は前絞りをしたり温度を注意したり、鼻づまりを解消したりすることで、新生児がむせる回数を減らせるはずです。新生児がむせるのが気になったら、ぜひ対処法を試してみましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →