子育てママのお悩み解決メディア
新生児がミルクを吐き戻した!理由や正しい対処法を教えて

新生児がミルクを吐き戻した!理由や正しい対処法を教えて

新生児にミルクをあげるとき、急に吐き戻してしまうことがあります。こんな場面で、どのように対応すればいいか分からないママも多いでしょう。

そこで今回は、新生児がミルクを吐き戻してしまう理由や吐き戻した時の対処法をご紹介します。

新生児がミルクを吐き戻してしまう理由

ミルクは新生児にとって飲みやすいものです。新生児が空腹の時はゴクゴクと飲むこともあり、ミルクと一緒に空気を飲み込んでしまうことがあります。この時に、ミルクを吐き出してしまうのです。

また、新生児は体の器官が未熟なのでミルクを吐き出しやすいのも理由のひとつでしょう。ただしミルクを飲んだ後に嘔吐を何度も繰り返す場合は、新生児の体に異変が起きていることもあります。そのまま放置せずに、担当医に相談しましょう。

新生児がミルクを吐き戻した時の対処法3選

新生児がミルクを吐き戻したとき、どのように対処すればいいか分からないママもいるはずです。対処法を間違えると、新生児を危険にさらすこともあります。対処法はしっかり確認しておきましょう。

1.落ち着いたら体勢を横向きにする

新生児がミルクを飲んで吐き戻したら、まずは口の中のものを取り除きましょう。そして、頭と背中がまっすぐになるように横向きに寝かせます。横向きに寝かせるのは、吐いたものが喉に詰まって窒息しないためです。横向きに寝かせたら、しばらく新生児の様子を見守りましょう。

2.すぐに新しい服に着替えさせない

新生児がミルクを飲んだ後に吐き戻すと、すぐに着替えさせたいと考えるママも多いはずです。ただ、何度も吐き戻しを繰り返す場合もあるので落ち着くまで様子をみるのがおすすめ。様子が落ち着いたら、温かいタオルで体を拭いて新しい服に着替えさせましょう。

3.様子を見ながら水分補給する

ミルクを吐き戻したあとすぐに水分補給すると、また嘔吐してしまう可能性があります。新生児が落ち着いてから、水分補給を行いましょう。ミルクをあげる場合は、半分程度の量から再開させるのがおすすめです。

ミルクの吐き戻しで受診が必要なケース

新生児がミルクを飲むとき、吐き戻してしまうことがあります。ただ、なかには受診が必要な場合もあるので十分に注意しなければいけません。例えば、ミルクを飲んだ時に茶色の液体を吐き戻した場合は消化官から出血している可能性があります。

また吐き戻したものがドロドロした液状になっている場合は、胃酸が混ざった消化途中のものです。そのままにすると逆流性食道炎を起こす可能性もあるので、早めに受診するのがいいでしょう。

新生児がミルクを吐き戻した時は正しく対処しよう

新生児は体の器官はまだまだ未熟なので、ミルクを飲んだ時に吐き戻してしまうこともあるかもしれません。ただ対処法を間違えると、新生児を危険にさらすこともあるのです。新生児がミルクを吐き戻してしまった場合は、正しく対処しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →