子育てママのお悩み解決メディア
生後4ヶ月に適したミルク量や回数は?混合栄養で注意したいこと

生後4ヶ月に適したミルク量や回数は?混合栄養で注意したいこと

生後4ヶ月になると飲むミルクの量も増え始めるため、どのくらいあげるのが適切なのか悩むママも多いかもしれませんね。

実は、ミルクの量や回数は月齢に応じて目安があるのです。そこで今回は、生後4ヶ月に適したミルクの量や回数をご紹介します。

生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴

そもそも生後4ヶ月の赤ちゃんは、どのような特徴があるのか確認していきましょう。

生後4ヶ月の身長や体重

厚生労働省の乳幼児身体発育調査によると、生後4ヶ月の男の子と女の子の身長と体重は、それぞれ以下のとおりです。

【男の子】

・身長 59.9~68.5cm

・体重 5.7~8.7kg

【女の子】

・身長 58.2~66.8cm

・体重 5.4~8.2kg

生後4ヶ月は、これまでの成長が嘘かのように身長や体重の伸びが少しずつ緩やかになります。

厚生労働省の乳幼児身体発育調査

生後4ヶ月の睡眠リズム

生まれたばかりの頃は睡眠リズムが不安定ですが、生後4ヶ月になると徐々に安定してきます。1日の睡眠時間は、12~15時間ほどです。

生後4ヶ月の赤ちゃんは昼寝もしますが、夜にまとめて寝てくれる赤ちゃんも増えてきます。夜の睡眠を長くとれるように昼間はたくさん遊ばせるのがいいでしょう。

生後4ヶ月のミルクの量と回数は?

生後4ヶ月のミルクは、パッケージや缶に記載された量を目安に与えましょう。ただ赤ちゃんによって飲む量には個人差があるので、物足りなさを感じているようなら少し量を増やしてみるのがおすすめ。

基本的に赤ちゃんの体重が増えているようなら、1日にミルクを飲む量が少なかったとしても問題ありません。生後4ヶ月頃の赤ちゃんの体重増加は、1日に平均で15~20gが目安です。

混合栄養の場合に注意したいミルクの量

混合栄養とは、母乳とミルクの混合栄養で子育てすることです。混合栄養で赤ちゃんを育てている場合は、ミルクの量に注意しなければいけません。状況に応じてミルクの量を調節しましょう。

日中は保育園に預けている場合

共働きで赤ちゃんを保育園に預けている場合は、昼間はミルク、夜は母乳を与えます。保育園が休みになる休日には、保育園と同じように昼はミルクを与えましょう。平日と休日でリズムが変わると赤ちゃんも困惑してしまうので注意が必要です。

授乳の後にミルクをあげる場合

授乳後に赤ちゃんが泣いた場合、慌ててミルクをあげるママもいます。ただ、母乳は赤ちゃんの飲む量に合わせて増産されるのが一般的です。赤ちゃんの体重が順調に増えていれば、ミルクをあげる必要はありません。泣く要因がほかにないか確認してみましょう。

夜中だけミルクを飲ませる場合

ママの負担を軽減するために夜中だけミルクをあげる家庭も多いかもしれませんね。この場合は、1日の授乳回数を参考にしてミルクの量を計算しましょう。夜中に1度だけミルクをあげる程度なら、多少ミルクの量が多くなっても問題ありません。

生後4ヶ月の目安量を参考にミルクをあげよう!

生後4ヶ月は睡眠リズムが安定してくる頃です。夜にまとめて寝る時間も長くなるので、ミルクをあげる回数や量も減ってきます。

基本的にはパッケージや缶に記載された目安回数や量で問題ありません。ただ物足りなさを感じているようなら、ミルクの量を少し増やして様子を見てみましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →