子育てママのお悩み解決メディア
赤ちゃんがミルクでむせる原因をご紹介!むせた時の適切な対処法3選

赤ちゃんがミルクでむせる原因をご紹介!むせた時の適切な対処法3選

赤ちゃんがミルクを飲んだ時にむせるのは、さまざまな原因が考えられます。ただ、ミルクでむせると赤ちゃんが苦しそうな表情をするため早く改善してあげたいと考えるママも多いはずです。

そこで今回は、ミルクでむせる原因や対処法をご紹介します。

赤ちゃんがミルクでむせる主な原因

赤ちゃんにミルクを与えるときに、むせてしまう子も多くいます。そこで、なぜ赤ちゃんがミルクでむせてしまうのか原因を確認していきましょう。

うまくミルクを飲み込めない

生まれたばかりの赤ちゃんは、ミルクを飲むことに慣れていません。どのくらいの量を吸っていいか分からず、気管に入ってしまうことがあるのです。肺に入ってしまうと肺炎の可能性もあるので、十分に注意しなければいけません。

ミルクをあげる時の姿勢が悪い

ミルクを与えたときにむせるのは、赤ちゃんの姿勢が悪いのかもしれません。特に、頭の位置が低いとうまくミルクが飲めないことも多いでしょう。場合によっては、ミルクを吐き戻してしまいます。

赤ちゃんは満腹中枢が未発達

生まれたばかりの赤ちゃんは、満腹中枢が未発達です。たとえお腹がいっぱいでも、赤ちゃんは飲んでしまうことがあります。その結果、ミルクを飲んだときにむせてしまうのです。

ミルクをあげる時の3つの対処法

ミルクをあげたときに赤ちゃんがむせてしまうと、ママは心配になりますよね。そこで、赤ちゃんがむせるときに試したい対処法を紹介します。

1.月齢に応じて適切な量をあげる

ミルクの量は月齢によって大きく異なります。特に生まれたばかりの赤ちゃんは、満腹中枢が未発達なので自分で調整するのが難しいです。赤ちゃんの月齢に応じて適切な量を確認し、ママがミルクを飲む量を調節してあげましょう。

2.ミルクの哺乳瓶を変える

赤ちゃんはミルクを飲むことに慣れていないので、勢いよく吸ってしまうことがあります。哺乳瓶の乳首はサイズがあるので、より小さいサイズのものを選ぶのがおすすめです。赤ちゃんの様子を確認しながら、適切なサイズのものを選びましょう。

3.赤ちゃんの姿勢を見直す

赤ちゃんにミルクをあげるときは、前かがみにならないように姿勢にも注意しましょう。授乳クッションをうまく活用して、赤ちゃんの姿勢を維持するのもおすすめです。姿勢が不安定の時は、授乳クッションの購入を検討しましょう。

ミルクでむせる時は赤ちゃんの様子に要注意!

赤ちゃんは飲み込む力が弱く、ミルクをうまく飲み込めない子も多くいます。ただ、場合によっては肺に入り肺炎を引き起こす可能性もあるため危険です。ミルクを飲んで赤ちゃんがむせる時は、様子を確認しながら対処法を実践してみましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →