子育てママのお悩み解決メディア
風邪に抗菌薬が効かないこと知っていますか? 風邪が流行る前にきちんとした知識を身につけましょう!

風邪に抗菌薬が効かないこと知っていますか? 風邪が流行る前にきちんとした知識を身につけましょう!

皆さんこんにちは。子育てアドバイザーの河西ケイトです。

突然ですが、皆さん「風邪」をひいて体調を崩した時に飲む薬はなんですか? 風邪薬? 抗菌薬?

正解は風邪薬です。しかし、風邪をひいてしまった時に、抗菌薬を飲ませてしまう方が多くいます。残念ながら風邪に抗菌薬は使用できません。なぜ抗菌薬は使えないのでしょうか?

風邪薬はなんのために飲む?

皆さんは、風邪症状「喉のが痛み、鼻水が出始めた、熱が出て身体もだるい、風邪かも?」と感じたらどうしますか? とりあえず今できること、「休息をとったり、身体に優しい・消化に良い物を食べたり、場合によっては病院で受診を……」と、考えたことが皆さんあるのでは無いでしょうか。

風邪は、誰にとっても身近な病気ですね。風邪は、「ウイルス」が原因で起こるもので、ウイルスが鼻やのどに付着して炎症を起こし、発熱・咳・くしゃみ・鼻水・たんが絡む・喉の痛みが出ることを言います。

ここで私達が覚えておかなければならないのは、「風邪の原因はウイルス」ということ。風邪の原因は、ウイルスであり、細菌ではないのです。これは非常に大切なポイントとなります。

風邪は、身体がウイルスと戦っているサインで、風邪を治すのは自分自身の免疫力です。薬を飲んだからと言って完治するわけではありません。風邪薬は、風邪の症状を和らげるためのもので、風邪の原因であるウイルスを退治する薬ではないのです。

では、抗菌薬はどんな薬なの?

では、皆さんが効果があると思っていた「抗菌薬」とどのような薬なのでしょうか。

抗菌薬とは、読んで字のごとく細菌と戦う薬です。私達大人ほとんどの人が、細菌とウイルスを同じものだと考えていませんか? 実はそれが、「風邪をひいたら抗菌薬をのませなくては!」と言う誤った考えを引き起こしているのかもしれません。

ここでもう一度お話しますが、細菌とウイルスは全く別の病原体!! ですから、抗菌薬はウイルスには効果はなく、ウイルスによって起こる風邪には、抗菌薬を飲んでも意味がないのです。そして、もう一つ問題なのは、抗菌薬に副作用があるということ。そうとは知らず、抗菌薬を飲み続けてしまい、「お腹が痛む」「下痢が増えた」「胃が不調」などの症状が出ることもあります。「抗菌薬は風邪に効かない」これは、絶対に覚えておかなければなりません。では、知らずに飲みすぎてしまうとどうなるでしょう?

「薬剤耐性」を子どもと一緒に動画で学ぼう!

抗菌薬を飲みすぎてしまうと、どうなるのでしょう? 細菌に使用する抗菌薬(抗生物質と呼ばれることもあります)の誤った使い方は、「薬剤耐性」と言って抗菌薬が効きにくくなったり、最終的には、薬が効かなくなり大きな病気を引き起こすことにも繋がります。

この「薬剤耐性」を防ぐためには、「風邪などの抗菌薬が効かない病気には、絶対に使用しない。薬に対してのきちんとした知識を大人が学んでいく」を徹底すること。

「薬剤耐性」については、色々なところで情報が発信されています。今回は、「薬剤耐性」について学べる動画をご紹介します。これを観ながらお子さんと一緒に「薬剤耐性」を学んでみてはいかがでしょうか。

今回は、「細菌」と「ウイルス」に併せて「薬剤耐性」についてもお話させていただきました。

きちんとした知識を身に着けて、自分自身やパートナーそしてお子さんの健康を守っていきたいですね。

河西 景翔

河西 景翔子育てアドバイザー

小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

河西 景翔さんの記事一覧 →