子育てママのお悩み解決メディア
乳幼児健診のスケジュールを把握してる?当日の持ち物もチェック

乳幼児健診のスケジュールを把握してる?当日の持ち物もチェック

出産後、赤ちゃんは健診を受ける必要があります。ただ、いつ健診を受けなければいけないのか分からない人も多いでしょう。

事前にスケジュールを把握しておけば、当日は安心して健診に臨めるはずです。そこで今回は、乳幼児健診のスケジュールをご紹介します。

乳幼児健診はどんなもの?

母子保健法に準じて実施される乳幼児に向けた健康検査のことを「乳幼児健診」といいます。乳幼児健診で行われるのは、発育状況や栄養状態、身体異常の有無、精神発達、言語障害などのチェックです。検診は、お住まいの市町村の保健センターや指定病院で行われます。

【月齢別】乳幼児健診のスケジュール

生まれてから生後1年までは、検診の頻度が高めです。ここからは、月齢別に乳幼児健診のスケジュールを確認していきましょう。

1.生後1ヶ月

生後1ヶ月の健診は、産婦人科で行われるのが一般的です。新生児の発育状況や栄養状態、先天性異常、股関節脱臼の有無などを確認します。また生後1ヶ月の健診では、ママに対して産後うつや育児の不安がないか確認することが多いです。

2.生後3ヶ月から4ヶ月

生後3ヶ月から4ヶ月は、身長や体重などの身体計測をはじめ、首の安定感や赤ちゃんの反応など発達状況を確認します。また、今後摂取する予防接種や離乳食の開始時期の説明を受けることが多いので、何か不安に感じることがあれば相談しましょう。

3.生後6ヶ月から7ヶ月

生後6ヶ月から7ヶ月は、寝返りやおすわり、おもちゃへの関心などで心身の発達を確認します。運動機能や知能など発達異常が見つかりやすい時期なので、必ず受診しましょう。

4.生後9ヶ月から10ヶ月

生後9ヶ月から10ヶ月の健診では、自宅での赤ちゃんの様子を聞かれることが多いです。担当医に赤ちゃんの様子を質問されるので、答えられるように日頃から赤ちゃんの様子を確認しておきましょう。

事前確認必須!乳幼児健診の持ち物

乳幼児健診では、必要になる持ち物がいくつかあります。必須の持ち物は事前に確認して、健診当日に忘れないように持参しましょう。

乳幼児健診で必須の持ち物

乳幼児健診には、市町村からの通知に記載されている持ち物を持参します。一般的に必要になるものは、以下のとおりです。

・母子手帳

・健康保険証

・乳幼児医療費受給者証

・問診票(記載済み)

状況に応じて持参したい物

健診当日は待ち時間が長くなることもあるので、その間に赤ちゃんがくずり始める子も多いです。赤ちゃんの月齢に応じて必要なものを持参しましょう。

・オムツやお尻拭き

・おもちゃ

・おやつ

・歯ブラシ

乳幼児健診のスケジュールを把握しておこう!

赤ちゃんが生まれてから1年間は、定期的に乳幼児健診があります。健診では、赤ちゃんの発達状況や栄養状態、言語の発達などを確認して健康チェックを行うのが一般的です。乳幼児健診の全体的なスケジュールを把握して漏れがないようにしましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →