子育てママのお悩み解決メディア
見逃さないで!子供のストレス症状。普段の言動に隠れるSOSとは

見逃さないで!子供のストレス症状。普段の言動に隠れるSOSとは

この記事では、子供がストレスを感じている可能性がある症状をご紹介します。ストレスは普段の言動に表れやすいため、できるだけ見落としたくないものです。

成長するにつれ、さまざまな環境で生きていく子供たちは、自分でストレスに立ち向かう力も必要です。子供の頃から、ストレスや問題を乗り越える方法などをアドバイスしてあげましょう。子育て世帯の方はぜひ参考にしてください。

子供がストレスを感じると現れる症状とは?

子どもの様子がなんだかいつもと違う?と感じたときは、子どもがストレスを感じている可能性もあります。まずは、子どもがストレスを感じているときに起こりやすい症状をご紹介します。

体調不良を引き起こす

ストレスを感じることで、お腹が痛い、頭が痛い、吐き気などの体調不良を訴える子供もいます。しかし、その体調不良がストレスからくるものなのか、病気なのかの判断は難しいものがあり、頭を抱える親も多いでしょう。

行動や感情に変化が見られる

体調不良のほかにも、普段の行動や感情に変化が起こる場合もあります。

たとえば、暴力的になったり、落ち込みやすくなったりと感情の起伏が激しくなるのも一つの症状です。ほかにも、おねしょやおもらしをする、口数が少なくなる、食欲がなくなるなど、さまざまな症状があらわれることがあります。子供の少しの変化にも気づけるよう、普段から様子を伺うようにしてあげましょう。

子供のストレスを感じたらどうする?

いつもと違う?少し様子がおかしいかも?と感じたとき、親はどう接するべきなのでしょうか。ここでは、子供のストレスを感じた時の対処法をご紹介します。

まずは子供の話を聞く

まずは、子供が何にストレスを感じているのか、ストレスの原因を探すことが大切です。

「最近あまりご飯食べないけど、どうしたの?」「何か困ってることはある?」などと、子供が自分から話を切り出しやすい状況を作ってあげると良いでしょう。

子供が話をし始めたら、最後までしっかり子供の話を聞いてあげて、その原因を解決できる方法を提案したり、乗り越える方法を考えたりすることが必要です。

子供との時間を増やしスキンシップを

親からの愛情不足や、学校や保育園などで親と離れている時間が長いことでストレスを感じる子供もいます。そんなときには、子供とすごす時間を増やしたり、スキンシップを取ったりすることで子供も満たされ、自然と問題行動も目立たなくなることも多いです。

幼児期はストレスの認識や発散が難しい

自分の気持ちを言葉で上手に表せない幼児期は、モヤモヤするこの気持ちが何なのか、どうすれば気持ちが晴れるのかという、ストレスという感情や、ストレスを発散するという方法がわからないため、自分で対処が難しいです。

ストレスサインを見逃さないで

行動が暴力的になったり、爪を噛んだり、さまざまなストレスサインが見られたときには、しっかり対処してあげましょう。外で思い切り遊んだり、好きなことをさせたりすることもストレス発散につながります。幼児は環境の変化などでもストレスを感じやすいです。身近にいる親がストレスサインを見逃さずに、早めに気づいてあげましょう。

子供の気持ちに寄り添い、見守ることも大切

すべてのストレスを取り除くことは、子供の成長の妨げにもなります。ときには、ストレスの発散方法を教え、自分で乗り越える力を養うことも大切です。子供の様子を注意深く観察し、成長を見守りましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →