子育てママのお悩み解決メディア
お年玉について子供にどう説明する?意外に知らない由来やマナーとは

お年玉について子供にどう説明する?意外に知らない由来やマナーとは

お年玉の由来やマナーについて、意外にも知らないという方も多いのではないでしょうか。改めて知ることで、お正月やお年玉などの行事についても学べます。この機会に、ぜひお年玉をとおして親子でお金について学びましょう。

お年玉の由来とは?

お正月に大人から子供へ渡されるお年玉ですが、その由来をご存じですか?諸説あるそうですが、お正月には「歳神(としがみ)さま」を祀るために、門松や鏡餅をお供えしていました。

その鏡餅を、一年の無病息災を願い「お下がり」として配ったことから、「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれるようになりました。

そのほかに、丸いお餅から「お年玉」という説、一年の初めに賜るもの「年賜(としたま)」が変化した説など、さまざまあります。

江戸時代には庶民にお年玉が浸透し始め、風習はずっと続いてきましたが、昭和に入った30年頃、高度成長期の影響を受けてお餅から現金に変わっていったのです。

お年玉袋にも由来が?

お年玉を入れる袋を「ポチ袋」と呼びますが、なぜ「ポチ袋」と呼ぶのでしょうか。ポチ袋のポチは、「ぽちっと」という関西発祥の言葉から来ています。

「心ばかり」「寸志」「少しだけ」という意味がある「ぽちっと」ですが、「これっぽっちですが……」と、心づけとしてわずかな小銭を入れていたことから、ポチ袋と呼ばれるようになったのです。

お年玉のマナーについて

何気なく渡していたお年玉ですが、実はきちんとマナーがあります。マナー違反とならないように、詳しく見ていきましょう。

渡してはダメな人がいる?

お年玉は、もともと家長が家族や奉公人に渡していたことから、自分より目上の人に渡すことはNGです。例えば、上司や目上の人の子供などです。

どうしても会う機会があり、お年玉として渡す場合は現金を避け、図書カードやおもちゃ券、商品券を渡すと良いでしょう。

どんなお札?入れ方は? 

「あなたのために事前に準備した」ことを示すため、お年玉には新札(ピン札)を用意しましょう。急に渡すことも考え、予備として多めに準備しておくといざというときに慌てなくて安心です。

お札の折り方は、お札の顔の肖像の面を上にし、三つ折りで入れます。袋の表側に肖像が来るように、出したときにさかさまにならないように入れましょう。お札を折らないで入れるポチ袋も同様に袋の表側に肖像を上にして入れます。

またポチ袋には、表側に渡す子供の名前を書き、裏側には自分の名前を書きましょう。

硬貨の場合は?

硬貨の場合も同様に、表側を上にして入れます。硬貨の表側は、絵柄や漢数字が書いてあるほうです。

金額の相場は?

お年玉の金額の場は、以下のとおりです。

  • 乳幼児:500円~1,000円
  • 未就学児:1,000円~2,000円
  • 小学生:1,000円~5,000円
  • 中学生:3,000円~10,000円
  • 高校生:5,000円~10,000円
  • 大学生:10,000円


乳幼児の場合は、無理に現金でなくても、おもちゃや絵本、図書カードでも喜ばれるでしょう。

お年玉をとおしてお金について学ぼう

子供にとってお年玉は、1年の最初の一大イベントです。せっかくの機会なので、お年玉の由来や意味を知り、お金の大切さを親子で学びましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →