子育てママのお悩み解決メディア
【フランスからの報告】大人も大好き!フランスの定番おやつといえばコレ!

【フランスからの報告】大人も大好き!フランスの定番おやつといえばコレ!

お正月明けに七草粥を食べる日本とは違い、1月初旬の「エピファニー(カトリックの祭日。今年は1月6日)」にも、ダメ押しのようにバターがたっぷり「ガレット・ド・ロワ」を食べるフランス。

「クリスマスと大晦日で太ってしまった。ダイエットを始めなければ!」と言いつつ、大人達もガレットを我慢することは不可能。

しかもガレットは、エピファニー当日だけではなく、家庭、給食、学校のクラス、職場でと、1月末まで何度も食べる機会に恵まれてしまう。

そんな風に年の初め1月から、お菓子でスタートするフランス人達の「普段のおやつ」について、今回はリポートします♬

第38回 フランスのおやつ事情

午後4時半〜5時半がおやつ・タイム

ある日の学童のオヤツ。牛乳&コンポート(煮りんご)&マドレーヌ

共働き家庭が9割以上を占めるフランス。
でも残業率は低く、子どもの夜間の塾通いなどもない。習い事があっても、大抵、夜7時頃までには帰宅するので、平日も夕食を家族揃って食べることが、ごく普通のこと。
ただし全員が揃うまで待つので、夕食は夜8時過ぎという家が大半。昼食から夕食までの間隔が長く、間食は大人にとっても必須。
夕方、勤務中や帰宅途中に、りんごやチョコ、シリアル・バーなどをかじっている人がとても多い。

幼稚園児や小学生のおやつ・タイムは、終業後すぐの午後4時半頃。
夕食に差し障らないように「小腹が空いたらあげる」のではなく「おやつは毎日、時間を決めて、遅くとも5時半までに与え、それ以降は間食させないように」ともいわれている。

おやつにも「バランス」が大切♬

学童保育に貼られているポスター。毎日1⃣2⃣3⃣から1つずつ。計3種の おやつ を学童では出している。1️⃣(乳製品)牛乳orチーズorヨーグルト 2️⃣(果物)フルーツジュースor果物orコンポート 3️⃣(穀物)バゲットorビスコット(トースト型のラスクに似た甘くない保存食。下の写真参照)orビスケット

給食メニューや雑誌の料理レシピなどでも、フランスは「バランス」重視。
糖分や脂肪分の摂取しすぎへの注意はするけれど、カロリーへの関心度は日本やアメリカほど高くない。

そして おやつ についても、バランス面での指導やアドバイスをよく聴く。もっとも言われているのは、

「整腸作用のために繊維質(ファイバー)摂取➡︎穀物類」「成長のためにカルシウム&プロテイン摂取➡︎乳製品」「免疫力のためにビタミン&ミネラル&マグネシウム摂取➡︎果物」

この3種をおやつでもバランスよく補給すること。

私が子どもの頃、駄菓子といえば「かっぱエビセン」や「カール」「とんがりコーン」などだったけれど、そういった油脂が多いスナック類がおやつになることは、フランスではほとんどない。

ポテトチップスや、近年フランスでも人気の日本のあられやおかきなども、間食ではなくアペリティフ(食前酒用のおつまみ)にされている。

ある日の学童の おやつ 。牛乳(1️⃣(乳製品))ドライバナナ&(2️⃣(果物))&パウンドケーキ( 3️⃣(穀物))
フランスといえば、美味しいバゲットやクロワッサンのイメージも強いけれど、皆が毎日、焼き立てのパンを買って食べているわけではない。忙しい平日の朝食には、この「ビスコット」と呼ばれる甘くないラスクのような保存食にバターやジャムを塗って食べている家が多い。

代表的おやつ

日本の「卵ボーロ」に当たるのが、ティラミスにも使用される「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」。卵ボーロと同様、口にした途端にホロホロと溶け、しかも手で掴みやすい形なので、赤ちゃんのおやつに与える人が多い。
おばあちゃんの家のブリキ缶の中に常備されている おやつ といえば、市販のマドレーヌとバタービスケット。これらを牛乳やココアに浸しては口にし、浸しては口にし、その日、学校であったことなどを喋りながら子ども達はモグモグ食べる。
バゲットやビスコットにジャムやヌテラ(ヘーゼルナッツのペースト)などを塗って食べるのも定番おやつ 。
フランスには日本のようなゼリー菓子はほとんどない。代わりに多いのはリンゴなど果物を煮詰めた「コンポート」。おばあちゃんの家では自家製も多いけれど、子育て中の親が買い置きしているのは、こういう市販品。スプーンですくうタイプと吸うタイプがあり、どちらも給食のデザートや学童の おやつでもよく登場する。
市販 おやつ のロングセラーたち。(左上)ビスケットにイチゴやアンズのジャムをのせたもの(左下)ビスケットの上にミルクチョコレート・バーがのったもの(右上)チョコペースト入りミルクパン(右下)チョコサンド・ビスケット。 いずれも1人1つ。左上だけ小さいので2つだけ。幾つも与えたりはしない(夕食と経済への考慮から)
子どもに限らず大人も大好きなボンボン(飴)。でも糖分が多く、肥満や虫歯、また血糖値の上昇から癇癪(いわゆるキレやすい子)の原因にもなるので「避けたいおやつ」の代表ともいわれている。
パン屋で購入する おやつ の筆頭といえば「パン・オ・ショコラ」。でもバターたっぷりのデニッシュ生地なので、頻繁に与えれば肥満につながる。値段も1個でバゲット1本分するので、フランス人にとっては、ちょっと贅沢な おやつ 。そのため子どもには休日の朝食やバカンス中だけ与えるという家も多い。

スーパー・フード・オヤツ

子どもだけではなく、大人にも推奨されている健康的 おやつ 用食材が「チョコレート」と「ハチミツ」

チョコレート

ポリフェノールの効能(身体の酸化防止など)だけではなく、チョコレートには他にもファイバー(食物繊維)、精神安定や頭の回転をよくすると言われるセロトニンも多く含まれ、同時に「歓びを与える食品」として疲労回復やストレス解消にも「 おやつ には最適」といわれている。

ただしカカオ分70%以上のブラックチョコ。そしてパーム油や香料を使用していないものを選ぶことが大切らしい。

子どもには、写真のようにバゲットに板チョコをはさんで「パン・オ・ショコラ」にして与える家も多く、移住したての頃、その大胆さには驚いたけれど、パン屋のパン・オ・ショコラより経済的で名案!と感心もした。

ハチミツ

1歳以上の子ども、そして大人にとっても、 おやつ に最適なスーパー・フードとされているのが「ハチミツ」。

ビタミンBやCで免疫力もつけられ、ミネラルも豊富なので、塩分の取りすぎの調整や悪性コレステロールの抑制、整腸作用にも効果がある。

なにより血糖値の上昇が緩やかなので、癇癪(キレる子ども)防止には、砂糖よりもハチミツで糖分を摂る方が好ましく、幼い頃からハチミツに慣れさせておくと「自然体の味覚が育ちやすい」ともいわれている。

©️Hédène
近年、多くのフレンチシェフが注目しているのが、チーズとのマリアージュ(取り合わせ)。トップモデルも「小腹が空いたらチーズにハチミツをつけて食べる」と雑誌などで言うようになり、一般の大人達も「健康的アイデア!」と取り入れはじめている。
祐天寺りえ

祐天寺りえライター

1994年フランスのスキー場(メリベル)に移住。小学校勤務(給食、教室清掃、スクールバス添乗など)、執筆業、鍼灸&指圧&アロママッサージなどを生業とする3子(20&21&26歳)のシングルマザー。著書「フランスの田舎暮らしとおいしい子育て(小学館)」「食いしん坊の旅(パラダイム出版)」「フランスだったら産めると思った(原書房)」facebook.com/rie.yutenjiosaki

祐天寺りえさんの記事一覧 →