子育てママのお悩み解決メディア
一番良いかも?2人目は5歳差育児がメリットたくさん!

一番良いかも?2人目は5歳差育児がメリットたくさん!

2人目の妊娠を考えた時に悩む年齢差。「5歳差は離れすぎかな」と思う方もいるかもしれませんが、意外にも5歳差育児はメリットがたくさんあります。今回は、5歳差育児のメリット・デメリットについて紹介します。

上の子は協力者!5歳差育児のメリット

年齢差が5歳離れていると、下の子の子育てに余裕をもって臨むことができます。上の子が成長して自分のことを自分でできたり、理解力が出てきてママの言ったことがすんなり伝わったりと、手がかからなくなってくるからです。

むしろ、子育てに協力してくれることもあります。

上の子に話が通じる

5歳差ということは、上の子が4歳の時に妊娠していることになります。4歳であれば、言葉の理解も進み、物事の良し悪しにも分別がつき始める頃です。例えば1歳児と比べると抱っこや癇癪も少ないため、さほど大変ではないでしょう。

お風呂やお着替えで上の子に手がかからない

上の子が5歳であれば、お風呂やお着替えなど、基本的に自分のことは自分で済ませられます。年子や2歳差だった場合は、上の子のお世話と同時進行でお風呂もお着替えも進めなければいけないため、ママはてんやわんやです。

しかし、5歳差育児では、下の子のお世話に集中できることが多いので、ママも気持ちに余裕がもてます。

上の子の赤ちゃん返りが少なめ

性格による部分も大きいですが、赤ちゃん返りが少ないのも5歳差育児のメリットです。4歳になると物分かりが良くなるので、ママが赤ちゃんのお世話で大変ということも理解しています。

子どもによっては、赤ちゃん返りをするどころか、ママのお手伝いをしようとしてくれるでしょう。

ここは大変!5歳差育児のデメリット

5歳差育児はメリットばかりのように思えますが、大変なこともあります。1つ目は育児期間が長くなること。2つ目は、特に下の子が小さいうちは遊ぶ場所に困ることです。

育児期間が長い

5歳差ということは、年子や2歳差と比べて育児期間が長くなります。上の子が小学校を卒業したと思っても、下の子はまだ小学2年生。小学校生活は続きます。こんな調子で学生生活の終わりがなかなか見えてきません。

遊ぶ場所が違う

年齢差が開けば開くほど、できることが違うので遊びの内容や場所が違います。上の子に合わせると下の子は遊べない、下の子に合わせると上の子は退屈するということが多々あるでしょう。

結局は上の子に合わせて遊ぶ場所を選ぶことになるのですが、下の子につきっきりになるため、上の子一人で遊んでもらうことになります。

上の子もたくさん抱きしめてあげて

物分かりが良いとはいえ、5歳児であっても突然できた下の子にママを取られ寂しさを感じていることでしょう。下の子のお世話で忙しい中でも上の子のことを気にかけ、抱きしめて「大好きだよ」と声をかけてあげると安心するはず。

たまには下の子をパパにお願いして上の子と2人でお出かけをしてみると、とても喜んでくれるでしょう。ママにとっても気分転換になるので定期的に機会を設けても良いかもしれません。

5歳差育児はメリット多め!

デメリットもありますが、年子や2歳差などに比べると5歳差育児は子育てに精神的余裕がもてます。上の子がお手伝いしてくれることもあるので、上の子の頼もしさに気づくきっかけにもなるでしょう。

ただ、最後にお伝えしたとおり、上の子との時間も大切にすることを忘れずに。家族全員が笑顔になれる5歳差育児を目指しましょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →