子育てママのお悩み解決メディア
子供が発達障害かも?チェックリストで確認してみよう!
2020.10.24 by Hanakoママ Hanakoママ

子供が発達障害かも?チェックリストで確認してみよう!

子供が生まれたら心配になるのが健康に育ってくれるかどうかですよね。 今回は、「少し様子が変…?」と思ったときに試したい発達障害のチェックリストを用意。それぞれの症状も解説します。

発達障害の種類とチェックリスト

発達障害は大きく分けて「自閉スペクトラム症」「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」「学習障害(LD)」「チック症」などがあります。発達障害のある子の特徴としては、以下のような項目があげられます。

【チェックリスト】

  • 極度の人見知り
  • 同年齢くらいの子と遊べない
  • 思い立ったような急な行動が多い
  • 癇癪を起こすことが多い
  • 簡単な質問に答えられない
  • 会話が成り立たない
  • 言葉が遅れている
  • お気に入りがあるとそればかりになる
  • 新しい場所や人に接するのを非常に嫌がる・不安がる
  • 気に入らないことがあると手が出る
  • ごっこ遊びをしない

【自閉スペクトラム症】1歳過ぎから発症

100人に1~2人の割合で存在すると言われている自閉スペクトラム症。1歳を過ぎたころから、「目が合わない」「指さしをしない」「他の子に関心がない」などの特徴がみられるようになります。

集団行動が苦手で一人遊びが得意。会話のキャッチボールが難しいこともしばしば。また、好きなことには何時間でも熱中しますが、はじめてのことや決まり事の変更は苦手な傾向があります。

【ADHD】7歳までに発症

ADHDを持つ子は7歳までに、じっとしていられない多動や結果を考えずに動き始める衝動性、うっかりミスなどの不注意の症状が現れるようになります。多動・衝動性優位型と不注意優位型、混合型の3つに分類。

一般的に多動は成長とともに軽くなる傾向がありますが、衝動性や不注意は半数が青年期まで、さらにその半数が成人期まで続くという報告があるようです。

【LD】8歳から10歳ごろに症状が現れやすい

一見、知的発達に問題がなさそうに見えます。ただ、読む・書く・計算する・話すなど特定の行為が難しいことが多く、勉強の成績や日常生活に支障をきたします。

小学校2~4年生の間に発覚することが多いのは、読み書きや計算能力を求められることが多くなるからです。

【チック症】4歳から11歳での発症

本人の意思とは関係なく不規則で突発的な動きや発声を繰り返す疾患です。一般的にはクセと認識されることも少なくないそう。 4~11歳の男児に発症することが多い傾向にあり、根本的な原因はまだ解明されていないようです。

自身で症状のコントロールは難しいですが、ストレスを減らすことで症状を緩和することが期待できます。

発達障害の特徴

発達障害はその子の特性にもよりますが、早くて1歳頃から症状がみられることもあります。 単体で発症する場合もあれば、複数タイプの症状を併発する子も少なくないため、子供によって差が大きいことも特徴です。

心配な場合は病院へ相談を

チェックリストに当てはまったからといって、必ず発達障害であるとは言い切れないでしょう。成長がゆっくりペースの子かもしれませんし、一人遊びが好きなだけかもしれません。 心配であれば病院に相談に行くことをおすすめします。

もし発達障害と判断された場合でも、早めに療育することで、成長とともにスムーズに社会生活を送れるようになる可能性がありますよ。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →