子育てママのお悩み解決メディア
香取慎吾さん演じる主人公にほっこり! 家族で笑えるシチュエーションコメディー『誰かが、見ている』【テレビはおともだち】
2020.11.08 by かわむら あみり かわむら あみり

香取慎吾さん演じる主人公にほっこり! 家族で笑えるシチュエーションコメディー『誰かが、見ている』【テレビはおともだち】

この連載は……

ママになって、子ども番組の斬新さと奥深さに感動した! というライターのかわむらあみりさんが、娘のうーちゃんと日々楽しんでいる「テレビ番組」について綴ります。

キュートな主人公の行動に興味津々

第23回目にピックアップするのは、Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』(Amazonプライム・ビデオで独占配信中)です。

世界240以上の国と地域に同時配信されている全8話の『誰かが、見ている』は、三谷幸喜さんの脚本・演出で、香取慎吾さんが主演する、新感覚シットコム(シチュエーションコメディー)。不器用で失敗も多いけれど、無垢な子どものようにキュートな香取さん扮する舎人真一(とねりしんいち)がまわりの人々をはじめ、視聴者を魅了します。舎人の様子をのぞき見している、隣の部屋の住人には佐藤二朗さん、ゲスト出演には稲垣吾郎さんほか、豪華な出演者も話題を呼びました。

一見すると“大人のコメディ”のように思われつつも、主人公がまるで漫画の主人公のように分かりやすいキャラクターで、コミカルに動き回る姿は笑わずにはいられません。娘・うーちゃんも、クスクスと笑いながら、「なんであんなふうになるの〜?」と面白く鑑賞しています。

主人公が黄色いつなぎを着て、お菓子の袋を勢いよく開けて部屋中にお菓子をばらまいたり、パソコンのキーボードが部屋にちらばって四苦八苦しながらピックアップしたり、友人の女性が来たときに飲むための「お水」をリクエストしたら、洗面器に入ったお水を持ってきたり。おしゃれでカラフルな部屋から、次々に興味深いエピソードが繰り広げられるんです。

そんな主人公たちの様子を見ながら、ほっこりとした笑いに包まれるわが家。子どもからおとなまでがクスクスと笑いながら観ることができる『誰かが、見ている』は、おとななら「あ! こんな大物が出てる!」と、三谷さんならではの大物俳優の出演もインパクトがあり、子どもなら純粋にコメディードラマとして笑えるんです。

「あのはなしのつづきがみたい」と、うーちゃんも、1話が終わるたびに次のお話が気になってしまうという、吸引力。みんながリラックスできる『誰かが、見ている』は、これからもうーちゃんを楽しませてくれそうです。

かわむら あみり

かわむら あみりライター・エディター

大阪生まれ。出版社勤務後、ライター・エディターとして独立。あらゆる婚活を行い約1000人の男性と会った末、13歳年下の夫と結婚し、一児の母になる。出産に際して人生観が一変したことを機に、女性が笑顔になれる生き方をより応援するため、テレビや音楽、占いなどのエンタメから、婚活や育児といった女性のライフスタイルに役立つ情報までを手がける。娘のことが大好き。家族の時間を大切にしています。amirikawamura.com

かわむら あみりさんの記事一覧 →