子育てママのお悩み解決メディア
「ズボンはしかく!」とノリノリで歌ってしまう、アニメ『スポンジ・ボブ』のハイテンションな海底都市の世界【テレビはおともだち】

「ズボンはしかく!」とノリノリで歌ってしまう、アニメ『スポンジ・ボブ』のハイテンションな海底都市の世界【テレビはおともだち】

この連載は……

ママになって、子ども番組の斬新さと奥深さに感動した!というライターのかわむらあみりさんが、娘のうーちゃんと日々楽しんでいる「テレビ番組」について綴ります!

ハイテンションな世界観に大笑い

第25回目にピックアップするのは、アニメ『スポンジ・ボブ』(NHK Eテレ 毎週土曜 午後6時)です。

『スポンジ・ボブ』は、アメリカのケーブルテレビのニコロデオン・チャンネルで絶大な人気を誇る、テレビアニメ・シリーズです。深い海の底にある海底都市「ビキニタウン」に住む、黄色くて四角い「スポンジ・ボブ」が主人公。

明るくて前向きなスポンジ・ボブは、家具付きのパイナップルのお家にペットのカタツムリ・ゲイリーと一緒に住んでいて、バーガーショップ「カニカーニ」で働いています。大親友のヒトデ・パトリックや、リスの女の子・サンディたちなかまと、賑やかに過ごす様子をユーモラスに描いたアニメなんです。

そのキャラクターはなんとなく知ってはいたものの、リアルタイムで『スポンジ・ボブ』を観ていなかったママは、娘・うーちゃんがたまたま観るようになってから、パパが録画。毎回、ゲラゲラ笑いながら、ときどき実写も入る不思議なアニメのスポンジ・ボブ・ワールドを鑑賞しています。

いかにもアメリカのアニメという感じのカラフルな色合い、個性的でわかりやすいキャラクター、とことんコミカルなストーリーが、子どもにもおとなにもウケるのは納得。軽快なオープニングテーマの合いの手となる「♪スポンジ・ボブ、ズボンはしかく!」も、ついノリノリ且つ元気いっぱいに歌ってしまう、うーちゃんとママ。

あまりそのキャラクターについて詳しくないママは、「スポンジ・ボブ」という名の通り、てっきり洗い物などに使う「スポンジ」が擬人化されて主人公になったのかと思っていましたが、今回エッセイを綴るにあたり調べると、なんとボブは海綿なんですね。

さすがにうーちゃんは、まだボブがなんなのか知らないと思い、「スポンジ・ボブって、なんだと思う?」と聞いてみました。すると、「なんかねー、海の動物!」と、即答。どうやらパパが教えていたようです。

そ、そうか。ママより年下のパパのほうが記憶にあるよね、『スポンジ・ボブ』……と思いながら、どのくらいの人が海綿動物だって知っているんだろうなあと、ふと思ったママなのでした。

ハイテンションな楽しさ全開のアニメ『スポンジ・ボブ』は、これからもうーちゃんを楽しませてくれそうです。

かわむら あみり

かわむら あみりライター・エディター

大阪生まれ。出版社勤務後、ライター・エディターとして独立。あらゆる婚活を行い約1000人の男性と会った末、13歳年下の夫と結婚し、一児の母になる。出産に際して人生観が一変したことを機に、女性が笑顔になれる生き方をより応援するため、テレビや音楽、占いなどのエンタメから、婚活や育児といった女性のライフスタイルに役立つ情報までを手がける。娘のことが大好き。家族の時間を大切にしています。amirikawamura.com

かわむら あみりさんの記事一覧 →