子育てママのお悩み解決メディア
ちょっとおねえさんの『約束のネバーランド』にハラハラどきどき!【テレビはおともだち】

ちょっとおねえさんの『約束のネバーランド』にハラハラどきどき!【テレビはおともだち】

この連載は……

ママになって、子ども番組の斬新さと奥深さに感動した!というライターのかわむらあみりさんが、娘のうーちゃんと日々楽しんでいる「テレビ番組」について綴ります!

主人公の女の子のチャレンジを応援したくなる

第27回目にピックアップするのは、「約ネバ」こと、アニメ『約束のネバーランド』(フジテレビ系 毎週木曜 25:25)です。

白井カイウさん原作、出水ぽすかさん作画による同作は、以前『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた、ダークファンタジー。昨年、実写映画化もされましたが、アニメ化としては2019年1から3月に「第1期」を、2021年1月より「第2期」を現在放送しています。地上波でも放送中ですが、過去の放送回は、Amazonプライム・ビデオで独占配信もされています。

エマ・ノーマン・レイの3人が暮らす、小さな孤児院から、物語は始まります。母と慕う“ママ”は親ではく、共に暮らす彼らは兄弟ではありませんが、幸せな毎日を送っていました。しかし、その日常はある日突然終わり、驚愕の真実を知った彼らが、その運命に立ち向かうさまを描いています。

けっこうサスペンス要素が強いものなので、少年漫画に連載されていた子ども向けとはいえ、本来の対象年齢は小学生以上のはず。保育園児の娘・うーちゃんにはまだ早いと思っていたのですが、たまたまママとパパが以前の「約ネバ」を観ていたときチラ見していたことや、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を家族で観に行ったときに実写映画のほうの「約ネバ」CMが流れていたこともあって、うーちゃんは「やくそくのねばーらんど」という言葉を覚えてしまいました。

「ママ、あのアニメ観たい」とリクエストするうーちゃんに、ママも「もうちょっとおねえさんになったら観ようか?」「こわいかもよ!?」などと言ってみましたが、おおいなる好奇心が勝り、録画したアニメを一緒に観ることに。

うーちゃんに、「約ネバ」のどこが好きなのか聞いてみたところ、「エマたちが鬼ごっこしてるとこが、わたしたちと同じだからおもしろいの」との返事。保育園ではいま“こおりおに”という鬼ごっこが流行っているので、「約ネバ」でも鬼につかまらないように逃げるところが、共感できるようです。

うーちゃんの場合、かけっこを含めたスポーツ全般が好きなのですが、逃げる役だったり鬼の役だったり、とにかくおいかけっこが楽しい様子。「約ネバ」では、逃げるシーン以外もさまざまな描写はありますが、そんな“鬼ごっこ”シーンや、少年漫画だけれど主人公が女の子という面でも、共感しやすいのかもしれません。

ちょっと怖そうなシーンがあるときは、“ママがうーちゃんを抱きしめてテレビ画面に背を向ける作戦”で乗り切り、そうやってでも気になる「約ネバ」を鑑賞しながら、いまは毎週親子で楽しみに観るようになりました。

そんなアニメ『約束のネバーランド』は、これからもうーちゃんをドキドキさせてくれそうです。

かわむら あみり

かわむら あみりライター・エディター

大阪生まれ。出版社勤務後、ライター・エディターとして独立。あらゆる婚活を行い約1000人の男性と会った末、13歳年下の夫と結婚し、一児の母になる。出産に際して人生観が一変したことを機に、女性が笑顔になれる生き方をより応援するため、テレビや音楽、占いなどのエンタメから、婚活や育児といった女性のライフスタイルに役立つ情報までを手がける。娘のことが大好き。家族の時間を大切にしています。amirikawamura.com

かわむら あみりさんの記事一覧 →