子育てママのお悩み解決メディア
バナナに似ていておいしそう?「ミニオン」のキュートさは世界共通【テレビはおともだち】

バナナに似ていておいしそう?「ミニオン」のキュートさは世界共通【テレビはおともだち】

この連載は……

ママになって、子ども番組の斬新さと奥深さに感動した!というライターのかわむらあみりさんが、娘のうーちゃんと日々楽しんでいる「テレビ番組」について綴ります!

ハリウッド・アニメ映画のヒット・キャラ

第28回目にピックアップするのは、黄色いキャラクターの「ミニオン」です。

ミニオンといえば、ゴーグルを装着してオーバーオールを着ている、謎の生命体とでもいえそうな黄色いキャラクター。ちょこまかと動き回る動作はコミカルで、よくわからない言語でおしゃべりしている、小さな集団です。

2010年に全世界で公開された、ユニバーサルとイルミネーションによる初めての3D映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』にミニオンたちが登場し、当時『トイ・ストーリー2』を抜いて、アニメーション映画の全米歴代10位となった同作。以降も、「怪盗グルー」シリーズなどでミニオンが登場する映画が続々と公開されています。

ミニオンのキュートさもさることながら、ハラハラどきどきしつつも、笑いを誘うコメディ要素満載のストーリー展開は、子どもはもちろんおとなまで楽しめる作品として、日本でも大人気。大阪にある大型テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」にも「ミニオン・パーク」があって、すでにアニメだけではなく、身近に触れ合えるキャラとしても、確立されているミニオンズ。

娘・うーちゃんが初めてミニオンを目にしたのは、Amazonプライム・ビデオでした。「おもしろい〜」と言いながら、映画を鑑賞するうーちゃん。さすがハリウッドのアニメだけあって、畳み掛けるように繰り広げられるストーリーに、どんどん惹きつけられます。

うーちゃんは「何を言っているのかわからないところがカワイイ」という、謎(?)の理由から、ミニオンたちがおしゃべりする姿をニコニコ鑑賞。うーちゃんがとくに好きなのは、オッドアイの「ボブ」。とりわけ小さくて、親しみやすいところがお気に入りの様子。

食事の際、ときどきごはんにふりかけをかけるうーちゃんですが、いまちょうどふりかけのキャラは、ミニオンたちです(キャラはプリキュアのときもあれば、ドラえもんのときもあります)。だからなのか、いまとくにミニオンが好きで、「なんかねえ、パッと見たらバナナに見えておいしそうなの」という感想も。確かに、ミニオンってどこかバナナっぽくて、おいしそうですよね。

ミニオン自身もバナナが大好物なのですが、見た目もバナナに見えるという不思議。そして、うーちゃんはまったく違うキャラでは「スポンジ・ボブ」も好きなのですが、黄色くて謎の物体に思えるところなんて、なんだか似ているなあと思いました。

そんな「ミニオンズ」は、これからもうーちゃんを楽しませてくれそうです。

かわむら あみり

かわむら あみりライター・エディター

大阪生まれ。出版社勤務後、ライター・エディターとして独立。あらゆる婚活を行い約1000人の男性と会った末、13歳年下の夫と結婚し、一児の母になる。出産に際して人生観が一変したことを機に、女性が笑顔になれる生き方をより応援するため、テレビや音楽、占いなどのエンタメから、婚活や育児といった女性のライフスタイルに役立つ情報までを手がける。娘のことが大好き。家族の時間を大切にしています。amirikawamura.com

かわむら あみりさんの記事一覧 →