子育てママのお悩み解決メディア
『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の昭和レトロでカラフルな世界【テレビはおともだち】

『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の昭和レトロでカラフルな世界【テレビはおともだち】

この連載は……

ママになって、子ども番組の斬新さと奥深さに感動した! というライターのかわむらあみりさんが、娘のうーちゃんと日々楽しんでいる「テレビ番組」について綴ります!

ちょっとこわいけどおもしろい、運の導き

第30回目にピックアップするのは、『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』(NHK Eテレ 毎週火曜 午後6時45分)です。

原作は偕成社から刊行されている、廣嶋玲子さん作・jyajyaさん絵による、人気児童書シリーズ。アニメは2020年9月から放送されていて、2021年4月からは、新作を放送中です。

アニメがスタートしたときから、娘・うーちゃんと一緒に『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』を観ていますが、昭和レトロな雰囲気が漂う、カラフルなアニメの世界は女の子の気持ちを惹きつけます。幸運な人だけがたどりつける、ふしぎな駄菓子屋「銭天堂」を舞台に、1話完結型の連作短編アニメとして物語が展開します。

店主の紅子さんがすすめる駄菓子は、どれもその人の悩みにぴったりのものですが、食べ方や使い方を間違えると、幸福を呼ぶか、不幸をまねくかはその人次第という、なんとも奇妙な世界が広がっています。これって、日本の昔話やグリム童話などにも通じる、日頃の行いや心の持ち方によって、未来が変わるという、ちょっとこわいところもあるお話です。

でも、同作には、紅子さんの色とりどりのかんざしや着物姿、目に楽しい駄菓子の数々、飼っている黒猫の墨丸、店の地下にある工房で駄菓子を作る金色の招き猫たちなど、かわいいキャラクターが登場。うーちゃんは、「銭天堂」の好きなところは「ねこがすきだから!」と直球の理由をまず言っていましたが、ママもねこが好きなので、納得です。

さらに、うーちゃんが同作で気に入っているところは「いつもなんのおかしがでてくるのか、どうなっていくのか、ちょっとフシギなとこ」だそう。確かに、いまはほぼ見かけない駄菓子屋も珍しいうえ、どんな駄菓子が出てどんな結末になるのか、おもしろいんだろうなあ。

そして金色の招き猫のなかの一匹「こはく」役は、現在放送中のアニメ『トロピカル~ジュ!プリキュア』(ABCテレビ・テレビ朝日系列 毎週日曜 午前8:30)の主役・キュアサマー/夏海まなつの声も務める、ファイルーズあいさんが担当しているのも、私のひそかな注目ポイント。

さまざまな見どころのある『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』は、これからもうーちゃんを楽しませてくれそうです。

かわむら あみり

かわむら あみりライター・エディター

大阪生まれ。出版社勤務後、ライター・エディターとして独立。あらゆる婚活を行い約1000人の男性と会った末、13歳年下の夫と結婚し、一児の母になる。出産に際して人生観が一変したことを機に、女性が笑顔になれる生き方をより応援するため、テレビや音楽、占いなどのエンタメから、婚活や育児といった女性のライフスタイルに役立つ情報までを手がける。娘のことが大好き。家族の時間を大切にしています。amirikawamura.com

かわむら あみりさんの記事一覧 →