子育てママのお悩み解決メディア
『あはれ!名作くん』はギャグ要素満載のダークホース的アニメ【テレビはおともだち】

『あはれ!名作くん』はギャグ要素満載のダークホース的アニメ【テレビはおともだち】

この連載は……

ママになって、子ども番組の斬新さと奥深さに感動した!というライターのかわむらあみりさんが、娘のうーちゃんと日々楽しんでいる「テレビ番組」について綴ります。

にぎやかに名作のパロディが楽しめるショートアニメ

第37回目にピックアップするのは、『ビットワールド』(NHK Eテレ 毎週金曜日18時20分)内で放送されている、数分間のショートアニメ『あはれ! 名作くん』です。

さまざまなアイデアを募集したり、ゲームがあったり、視聴者参加型のお子さん向けバラエティ番組『ビットワールド』。そのなかの人気コーナー『あはれ! 名作くん』は、大人からすると少々トリッキーな感じもありつつも、コミカルでテンポの良い展開を見せます。

あらすじとしては、数々の名作キャラを輩出する学校に、ある日主人公の「松田名作」という名作オタクの普通の男の子が入学。彼のまわりにはハイテンションで“桃太郎”に憧れる「スウィーツ」、“おむすびころりん”に憧れる「むすび」、“ピノキオ”に憧れるナルシストで自称ロボの「ノキオ」、名作に登場する亀に憧れる「ボルト」など、個性の強すぎる登場人物が勢揃い。彼らが立派な名作キャラクターとなって、卒業を目指すという学園アニメです。

娘・うーちゃんに、『あはれ! 名作くん』のどこに興味を持ったのかたずねてみると、「めいさくくんたちがね、いつもにぎやかでたのしいんだよ」とのこと。毎回ドタバタと繰り広げられる笑いの要素が、うーちゃんにはツボな様子。

『あはれ! 名作くん』では、名作のおとぎ話や昔話の世界をパロディ化しているため、どこか馴染みのある物語なこともあって、うーちゃんいわく「いろんなおはなしもあるし、おもしろい」とのこと。

キャラクターの声をお笑い芸人のなすなかにし、うしろシティなどが務めていることもあるからか、アニメの間合いもいいんですよね。声もおっさんのままというのが、他にはないアニメとして、うーちゃんの笑いのツボを刺激しているのかもしれません。

また、大人気アニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎役などでも熱視線を浴びている声優・花江夏樹さんが声を担当するキャラもあって、ショートアニメながらあなどれないダークホース的存在の同作。

数分間ですぐ観ることができて、オチまでわかるという作りも、「わかりやすいんだよね」とうーちゃんが言うように、お子さんたちにウケている理由のひとつだといえるでしょう。

そんな『あはれ! 名作くん』は、これからも、うーちゃんを楽しませてくれそうです。

かわむら あみり

かわむら あみりライター・エディター

大阪生まれ。出版社勤務後、ライター・エディターとして独立。あらゆる婚活を行い約1000人の男性と会った末、13歳年下の夫と結婚し、一児の母になる。出産に際して人生観が一変したことを機に、女性が笑顔になれる生き方をより応援するため、テレビや音楽、占いなどのエンタメから、婚活や育児といった女性のライフスタイルに役立つ情報までを手がける。娘のことが大好き。家族の時間を大切にしています。amirikawamura.com

かわむら あみりさんの記事一覧 →