働くママのウェブマガジン

Column オ イッチ ニー

0・1・2 歳向け花粉の次はダニの季節。週1でやっておきたいダニ対策は?

2018.05.26

その鼻水、ダニアレルギーかも? 働くママにもできるダニ対策

さわやかですがすがしい5月。でも、実はダニの発生は今から夏にかけてがピーク!「花粉の時季は過ぎたのに、なんだか鼻水が止まらない……」。

それ、実は「ダニアレルギー」かもしれません。アレルギーの発生リスクを抑えたり、症状を緩和するには、赤ちゃん時期からのケアも大切です。「ダニアレルギーは、家のホコリの中にいるダニに対してアレルギーを起こす、“IgE抗体”ができてしまうことで起こります。症状は鼻水やくしゃみ、目のかゆみや咳、ぜんそくなどです。抗体ができるのは、早くて1~2歳。

赤ちゃんの頃から、直接肌に触れる布団やマットレス、絨毯などを小まめに掃除しましょう。また、湿疹があるとダニアレルギーを起こすきっかけにも。

保湿のスキンケアできれいな皮膚を保つこともしっかり心がけてくださいね」

心がけたいダニ対策

1 天日が無理なら布団乾燥機!【週1で!】

012-1

天日干しが理想ですが、働くママは布団乾燥機の活用がおすすめ。外に干しづらいベッドのマットレスにも有効です。マットレス表面だけでなく、ベッドの床板にもホコリは溜まるので、ここも掃除機を。

2 布団に掃除機! 【週1で!】

012-2

布団に掃除機をかけるときは、1平方メートルあたり20秒を目安にゆっくり動かします。カーペットも同様に。ダニ対策には標準的な掃除機で十分。重さや音なども含めて、ストレスなく使いやすいものを選びましょう。

3 赤ちゃん布団は洗濯機で丸洗い!【2ヶ月に1回!】

012-3

赤ちゃん布団は気軽に洗える安い布団が◎。2カ月に1回くらいの丸洗いで十分です。大型のコインランドリーで洗濯&乾燥すればダニ退治に効果が。ラグやぬいぐるみも同じように丸洗いをして清潔を心がけて。

そのほか気をつけたいこんなこと

ラグやブランケットは毛足の短いもの選んで

毛足が長いとホコリがたまりやすく、ダニが住みつく原因に。赤ちゃんがいる家庭では、清潔に丸洗いできるものや、掃除機でホコリを取りやすい素材がベスト!

空気清浄機を上手に活用

布団の上げ下ろしやベッドメイキングのあとには、たくさんのホコリが。空気清浄機を部屋の中央に向けて置くと、ホコリを早く減らすことができます。ただし布団の中のホコリを吸い取れるわけではないので、ご注意を。

[ 教えてくれた人 ] 伊藤浩明先生
あいち小児保健医療総合センター副センター長。認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク副理事長。日本アレルギー学会指導医、日本小児科学会専門医。大学生の女の子の父。
切り絵〇井上コトリ 編集・文〇藤沢あかり
(Hanakoママ63号より)