子育てママのお悩み解決メディア
エサのスルメを用意して。ザリガニをつかまえよう!
2017.08.17 by Hanakoママ Hanakoママ

連載:サン シー ゴー 取材エピソード エサのスルメを用意して。ザリガニをつかまえよう!

ザリガニをつかまえよう!

まだまだ、水辺の遊びが楽しい季節。小川や池でザリガニ釣りに挑戦してみましょう! どんなところが釣りやすいのか、釣り方は? 埼玉県立川の博物館の学芸員・平山良治さんに聞きました!

345_1
チャレンジしたキッズは、福田ゆずちゃん(4歳)、堀野うりちゃん(6歳)、堀野いとちゃん(4歳)(写真左から)

釣れやすい場所は?

ザリガニは、泥がたまった流れのゆるい小川や用水路、池などにいます。岩の陰や草が生い茂って陰になったところに隠れていることが多いです。

釣れる時期は?

活発に動いて釣りやすいのは6 ~ 8月ごろです。10月ごろにもいますが、動きが鈍くなり岩陰でじっとしていることが多くなります。

挑戦してみよう! ザリガニの釣り方

用意するもの

345_2

20~30㎝くらいの棒(割りばしでも)/タコ糸(50㎝くらい)/エサ(スルメ)/タモ網/飼育ケース(バケツでも)

1.タコ糸の先にスルメを結び付けます

34_3

2.1 を棒にくくりつけます

34_7

3.2を、ザリガニがいそうなところにそっと下ろします。石や草の陰がベスト

345_7

コツは……
・あわてて引き上げるとザリガニがエサを放してしまうので気をつけて。
・エサを水に入れてもザリガニが出てこない場合は場所を変えて、もう一度エサを入れます。

4.ザリガニがハサミでしっかりスルメを抱え込んだら、そっと糸を上げます

345_6

5.タモ網をザリガニのお尻の方から差し入れてつかまえます

345_4

ザリガニの持ち方

345_8

親指と人差し指で、ハサミの付け根をぐっと抑え込むようにして持ちます。これでザリガニは、ハサミを動かすことができなくなり、はさまれる心配がなくなります。

こちらの取材エピソードはこちらから読めます!

写真○戸井田夏子 編集・文○石井栄子
(Hanakoママ54号より)
Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →